パフォーマンスはカオスだが、演奏はかなり本格的。オーナー自らが一筋縄ではいかないような変人たちを集めたという

写真拡大

 宮崎市某所のライブハウス。チカチカ光る電飾が散りばめられたド派手なメガネを装着し、上半身ハダカにラメ入りパンツ一丁でわやくちゃに踊りながら絶叫、しまいには客席まで降りてきて半裸のまま床を這いずり回る……。

 南国の穏やかな街に似つかわしくないカオスなライブパフォーマンスを見せるのは、宮崎名物・炭火もも焼き発祥の店「丸万」のオーナーである前田龍好さん(56歳/ステージ名:スワッピング裸族)。昭和天皇の第五皇女清宮(すがのみや)がハネムーン中にお忍びで食べに行かれたことで、全国的に有名になった名店中の名店だ。

 共演している他のバンドに比べても異色というか、変態というか、なぜ宮崎でこんなバンドを始めようと思ったのか。前田さん本人に聞いた。

「うちのバンド、『アポウズ』は変態ではなくファンタジーパンクロックバンドよ。

 人のバンドを見てたら無性に馬鹿なバンドをやりたくなって6年前に結成したの。絵でも音楽でもうまい人はおるけど、個性的でインパクトのある人が宮崎にはいない。

 人情があって、優しくて、ちょっとおとなしめなのが県民性なんだけど、もっと大阪みたいに弾ける感覚があったほうがいいんじゃないかと思って。もっと馬鹿なエネルギーを出していかないと!」

 それにしても肌の露出がすごい。「丸万」と言えば全国区のお店、そこのオーナーがする格好にしては、あまりにも地元で悪目立ちするのでは?

「そんなこと気にせんとよね。ヒース・ジョーカー(映画『ダークナイト』で故ヒース・レジャーが演じた悪役ジョーカーのこと)の化粧しているギターのメデュー朝倉なんて、宮崎県庁の建物の前や目抜き通りの若草通りでヌード撮影して9年前に逮捕されちゃってるからね。

 30代後半になって結婚すると丸くなっちゃう人が多いけど、そういうの寂しいよね。落ち着くことを知らないうちらが馬鹿なことやり続けるのが重要なんじゃないの?」

 このヌード事件は、フライデーなど各週刊誌にも掲載され、宮崎だけでなく日本中の話題に。ついには、当時の県知事であった東国原氏も激怒したという。浮気に淫行、さまざまな問題を起こし、以前はいつもほぼ全裸でテレビに映っていた彼が怒るほど話題になったのはある意味皮肉か。

「でも、そういうことを含めて許してくれるのが宮崎のいいところ。みんなも馬鹿なことして地元でもっとディープなカルチャーが盛り上がったらいいねー。うちらは常に、新しく若いエネルギーを求めてる。

 まだ青々としているりんごを見つけないといけないので、毎日ニシタチで飲み歩きながら物色してるよ。彼らに悪い肥料を与えて宮崎のカルチャーを盛り上げる人たちを育てていくとよ」

 スナックの聖地・ニシタチがあるからなのか、宮崎のおっさんたちは焦げ付くほど元気だ。

<取材・文/恒吉浩之>