ユベントスがバルサも興味のバレンシアDFカンセロ獲得に向けてオファー

写真拡大

▽ユベントスがバレンシアのポルトガル代表DFジョアン・カンセロ(23)の獲得に動きを見せているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えた。

▽今夏の移籍市場でブラジル代表DFダニエウ・アウベスが退団し、ブラジル代表DFアレックス・サンドロも移籍の噂が囁かれている。サイドバックの層が薄くなるユベントスは、バレンシアの若手DFに興味を持っているようだ。

▽カンセロは、2014-15シーズンにベンフィカからレンタルでバレンシアに加入。2015-16シーズンからは完全移籍での加入となり、同クラブでは公式戦90試合4ゴールの活躍を見せた。同選手に対してはバルセロナも興味を示しており、今年の1月には5年契約を結ぶとも噂されていた。

▽『フットボール・イタリア』によると、バレンシア側もカンセロの放出を考えているようだ。2021年まで契約を結んでいるものの、2500万ユーロ(約32億6000万円)程度にボーナスを含む安価な金額で、この移籍を了承するとしている。