テニス、ウィンブルドン選手権、女子シングルス準々決勝。握手を交わすシモナ・ハレプ(左)とジョアンナ・コンタ(2017年7月11日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】テニス、ウィンブルドン選手権(The Championships Wimbledon 2017)は11日、女子シングルス準々決勝が行われ、ジョアンナ・コンタ(Johanna Konta、英国)に敗れたシモナ・ハレプ(Simona Halep、ルーマニア)は試合後、観客席からファンの叫び声が上がったことで、自身の歩幅やショットに迷いが生じてしまった同試合のマッチポイントは、やり直されるべきだったとの考えを示した。

 問題のマッチポイントでは、試合に踏みとどまろうとするハレプがフォアハンドのテークバックを開始した瞬間に、観客席から鋭い女性の叫び声が上がった。試合が行われたセンターコートの屋根は閉じられていたため、その大きな声は増幅されており、ハレプから放たれたボールはネットにかかった。

 女性の叫び声によって明らかに気を散らされていたハレプは、ポイントのやり直しを主審に求めたが、そのまま判定が覆ることはなく、7-6(7-2)、6-7(5-7)、4-6で敗退が決定。英国女子選手として39年ぶりの準決勝進出を決めたコンタも、困惑した表情でネットに歩み寄った。

 大会第2シードのハレプは試合後「彼(主審)がポイントをやり直すと思った。誰かがああいった形で叫んだときは、リプレーするのが普通だと思う」とした上で、「彼は『リプレーをすることはできない。私は何も変えられない』と言った。それでも争わなくてはいけないわけ?」と語った。

 一方、第6シードのコンタも、自身のサイドから上がった叫び声に集中を乱されたという。

 26歳のコンタは「叫んだのは私側にいた女性だった。シモナが打った深いボールに興奮しすぎたのだと思う。(叫び声が上がったのは)実際は私がボールを打つ時だったから、相手より自分への影響が強かったと思う」と話した。

 また、1万5000人収容のセンターコートに詰めかけた観客から、試合を通して応援を受けた地元期待のコンタは「一部のファンは少し熱狂的すぎるところがあると思う。でも私を後押ししてくれる応援や、大概の前向きな感情の量について文句を言うことは絶対にできない」と続けた。

 コンタは13日、準決勝でウィンブルドン通算5勝のヴィーナス・ウィリアムス(Venus Williams、米国)と激突する。
【翻訳編集】AFPBB News