Photo by lillie kate(写真はイメージです)

写真拡大

 泥沼化の一途をたどる俳優の船越英一郎(56)とタレントの松居一代(60)の夫婦バトル。松居はyoutubeやブログで船越に罵詈雑言を浴びせているが、その理由に挙げるのが船越の不倫疑惑だ。松居は自らの親友の女性と船越が不倫関係にあると断じ、糖尿病の影響でバイアグラを使用して夜の営みを繰り広げていると主張。

「バイアグラ100mg男」

「バイアグラ男 どこからでもかかってこい」

 などと挑発している。

 その真偽はさておき、気になるのが親友女性の正体。これについて、7月11日発売のフラッシュ(光文社)が女性の人となりを紹介している。女性は、ハワイ在住の美容家で年齢は43歳で2児の母。フェイシャルエステを得意としていて、ハリウッドスターや日本の芸能人が顧客に。80分400ドル以上の報酬を得るゴッドハンドで、書籍も多数著している。

「松居はyoutubeで、女性側と家族ぐるみの付き合いをしていたと明かしています」(スポーツ紙記者)

 記事では、ハワイ在住の日本人のコメントとして、現地のマダムの間で船越と女性の関係が噂されていたことを報じている。いつしか松居の耳に入り、逆鱗に触れたようだ。

「船越と同じく女性も不倫を完全否定していて、松居を損害賠償で訴える準備を進めているようです。船越に愛人がいて、松居との離婚を考えていたようではあるのですが、相手はこの女性ではないというのが“通説”となってます」(芸能誌記者)

 反撃ののろしが沸々と立ち上がっているが、松居の暴走は止まらなそうだ。

■船越の行状を暴く“チーム松居”結成

 同日発売の週刊女性(主婦と生活社)は、松居が知人らと“チーム松居”を結成し、ブログの文章や動画の作成にひた走っていると報道した。松居は、こうした作業に上機嫌で、

「まだまだアップするわよ」

 と鼻息が荒いようだ。

「松居は、『1年5ヶ月も尾行された』と真顔で語るなど被害者意識が最高潮に達しています。今後も、船越に関する情報を発信していくとみられます」(週刊誌記者)

 松居がチームを結成して“復讐”にひた走る中、沈黙を貫く船越。解決の糸口はまったく見つからない状況だ。

文・鈴木雄二(すずき・ゆうじ)※1977年、神奈川県出身。全国紙社会部に在籍し、警察・検察などの事件取材や、ブラック業界、芸能界などの分野を幅広く取材している。主な著書に「警察のすべて」(宝島社刊・共著)がある。