現在は休暇中のジェレミー・トルヤン。しかしU21欧州選手権で活躍を見せたDFに対しては、複数のクラブからの関心が伝えられているところだ。

しかし流れとしては残留の方向にあり、さらに同選手は先日就任したハンジ・フリック代表の獲得に喜びをみせている。

「とてもポジティブに見ているよ。とても評価している人物だ。とても高い専門知識を持っていて、言葉に説得力があり、まちがいなくホッフェンハイムの助けとなるよ」

なおフリック氏とは、大会期間中にもコンタクトがあったとのことで「まだそんなにやりとりはしていないんだけどね。おめでとうとか。またあとでゆっくりと話すことになるよ」とコメント。

「なんでも彼の言うことを聞くというわけではないけど、彼のアドバイスはぜひ聞きたい」と語った。

トルヤンとホッフェンハイムとの契約は2018年まで。