iPhone8の価格は、有機EL(OLED)ディスプレイなどを始めとしたパーツのコスト増などから、1,000ドル(約113,000円)ほどになると言われていますが、さらに高い価格になるという指摘も出ています。Appleの製品情報に詳しい開発者のジョン・グルーバー氏は、1,200ドル(約135,000円)になると考えているようです。

需給バランスが崩れているため、価格の上昇は必然的

ジョン・グルーバー氏は10日、CNBCのインタビューに答え、登場する3モデルのうち「iPhone10周年記念モデル」となるiPhone8については、一番安いバージョンで1,200ドル(約135,000円)からスタートすることになるだろう、と述べています。彼によれば、目安である四半期あたり4,000万台の生産をAppleは達成できておらず、需要と供給のバランスが崩れるために、必然的に価格は上がることになるのだそうです。
 
もし、Appleが一部で噂されているように、Touch IDセンサーを搭載したOLEDパネルの生産に手を焼いているとするならば、と仮定した上で、グルーバー氏は、iPhone8の64GBモデルが1,199ドル(約135,000円)、256GBモデルが1,299ドル(約147,000円)もしくは1,399ドル(約158,000円)になる、と予測しています。

価格が売り上げをどう左右するかで見方分かれる

グルーバー氏は過去にも、ゴールドのApple Watch Editionモデルが数千ドルになると、他の業界ウォッチャーに先駆けて、いち早く指摘した人物です。彼以外にも、iPhone8が高額になるという見方を採る人物や企業は多く、Goldman Sachsは1,000ドル(約113,000円)以上になるとしているほか、UBS証券も870ドル(約98,300円)以上になるとみています。
 
高い価格と高い需要がシナジーを生み出し、Appleの株価に好影響を与えるとする予測が一般的ですが、中にはドイツ銀行やみずほ証券など、逆に価格が理由で売り上げに懐疑的な予測を立てるアナリストも少なからず存在します。
 
 
Source:CNBC
Photo:Martin Hajek
(kihachi)