挫折と転機、家族の愛を語った新妻聖子

写真拡大

 記者の前で見せた表情はまさに百面相――カメラマンのリクエストに応えて、目を大きく見開いたり、より目をしたり…バラエティー番組などでも活躍中のミュージカル女優・新妻聖子(36才)に密着すると、意外な素顔が次々と明らかに──。

「全然違うんですよ、本人的には“挫折のヒストリー”なんです」

 5000倍という難関オーディションを突破し、『レ・ミゼラブル』のヒロインに選ばれた2003年から途切れることなくミュージカルに出演。テレビに進出すれば“歌うま女王”4連覇を達成し、人気を博す。「見事なサクセスストーリーですね」そう尋ねた記者に、新妻は冒頭のように答えたのだった。

「子供の頃から歌が大好きで、歌手に憧れていました。周りからは“聖子ちゃん、歌がうまいね”なんて言われて、歌手になれると信じて疑いませんでした。夢を叶えるために動き始めたのは、海外の高校を卒業後、日本の大学に進学してから。でもいざオーディションを受けるとまったく受からない。20才の時には“歌手は無理です、あきらめてください”と言われて、人生で初めての大きな挫折を味わって…布団を頭からかぶって大泣きしました」(新妻・以下「」内同)

 2004年には『ミス・サイゴン』のヒロインの座を手にする。しかし、すべてが順調にいったわけではなかった。

「優れた俳優さんとご一緒するたび、すばらしい演出家の指示を受けるたび、そこに行けない自分がもどかしくて…。一生芝居はうまくならないんじゃないかって。泣きたいけど人前で泣くわけにいかないから、舞台セットの中で泣いたこともありました」

 それでも連日、舞台に立った。転機となったのはベテラン俳優との共演だった。

「2009年に平幹二朗さん(享年82)と共演させていただいたんですが、芝居も歌も本当に素晴らしかった。すぐそのレベルにいけるわけがない。私なんか、まだ始めて5、6年。あきらめずにやり続けるしかないと思えたんです」

 涙を流しても、前を向いて一歩を踏み出すポジティブな姿勢を忘れない。そういられるのは、家族が大きな愛で支えてくれるからだという。

「本当はすごく打たれ弱いし、きついことを言われたらへこみます。それでも、絶対に自分を肯定してくれる家族という存在がいてくれるから、自分が自分らしくいることがもっともパワフルだって信じられるんです」

●にいづま・せいこ
2002年『王様のブランチ』(TBS系)のレポーターでデビュー。2003年の『レ・ミゼラブル』以降、ミュージカル界の歌姫として活躍。2005年、第31回菊田一夫演劇賞受賞。歌番組だけでなく、NHK大河ドラマ『真田丸』(2016年)やバラエティー番組、ラジオなど多方面で活躍中。両A面シングル『アライブ/天地(あめつち)の声』は7月12日に発売。

撮影/菅原拓

※女性セブン2017年7月20日号