恋のチャンスを広げる! 最旬モテメイクをレクチャー「ベース・眉」編

写真拡大 (全4枚)


前回のコラムでは、恋コスメを使ったメイクについて、以下4つの話をしました。

・モテメイク=話しかけやすい雰囲気を演出するメイクである
・血色感、清潔感があって濃すぎないメイクである
・ファッション、そして自分の顔立ちと合っていることがポイント
・モテメイク、モテ系ではないメイクをするそれぞれにメリットがある

これらを踏まえた上で、モテメイクをやってみたいけど具体的にどうするの? という人のために、今回は実践! ベースメイク、眉メイク編です♪

……ちなみに、まず言っておくと、メイクが下手でも彼氏はできるし、結婚もできます。本当です。何人も見てきました。

その理由は、恋愛・結婚はメイクよりもコミュニケーションのプライオリティが高いからです。なので、メイクが下手な方もご安心ください。

「これじゃないといけない!」とか「これをすれば大丈夫!」というわけでもないので、「ストライクゾーンやチャンスが広がったら良いな〜」という感じでのんびりトライしてみてくださいね。

■ベースメイクは素肌感を残して


隠したいところがあると、ついついベースメイクが濃くなってしまうもの。でも、実はシミや毛穴が隠れきっていなくても大丈夫。適度に素肌感を残す方が、健康的な顔色になります。

まずは、日焼け止めは必ず塗りましょう。そのあとは、コンシーラー、BBクリーム、ルースタイプのファンデーションなどを使用感や仕上がりの好みでセレクトしてみて。どのアイテムも各メーカーが推奨する「適量」をしっかりと意識しましょう。詳しくはこちらの記事をみてください。

永久保存版! 意外と知らない下地・ファンデの塗り方と選び方


■実は、眉毛が男運の分かれ道!?


著書でも書きましたが、自分に自信がない女性って高確率で眉毛を自分の顔から外して書いてしまうんですよ。そうすると寄ってくる男性も変な人が多いんですね。なぜかと言うと、眉毛とリップは顔の中でも「メイクしてる感」を出すパーツ。そのパーツである眉毛を外すと、メイクを普段しない人や男性にも「ちょっとだけ冴えない人」、「ちょっとだけ自分に自信がない人」という印象を人に与えてしまうのです。

そんな事態を回避するには、以下3つがポイント。

・眉山を外さない
・眉頭をぼかす
・眉毛の長さをカットしすぎない

眉山の位置は、眉毛を「グッ」と持ち上げて凹んだところです。あとは、理想の形からはみだしたアウトラインの眉毛をカットしましょう。眉毛がものすごく濃い! という人以外は、できるだけ眉毛自体の長さはいじらずに自然なままをキープするのが、平面的にならないのでオススメです。

眉毛は、変えた直後はものすごく変わって見えて、「これ間違ってない?」と不安に思うこともありますが、いろいろトライして自分の正解を探ってみて!


次回はアイメイクのお話をしたいと思います! お楽しみに!

(カマンベール☆はる坊+ノオト)

<関連サイト> カマンベール☆はる坊(Twitter)

■カマンベール☆はる坊 記事一覧はこちら