ハイニックスのDRAM(より)


 韓国でいまいちばん元気な財閥はどこか?

 サムスングループは、歴史的最高益を更新したサムスン電子を傘下に抱えるが総帥が拘置所生活中で「元気だ」とばかりは言えない。そんな中で、目立つのが、東芝の半導体メモリー事業買収への参加に強い意欲を見せるSKグループだ。

 今後さらに迷走する可能性もあるにはあるが、東芝が、半導体メモリー事業売却の優先交渉先に、産業革新機構や米ベインキャピタル、さらにSKグループの連合が選ばれたことを、韓国メディアは大々的に報じた。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

いちばん元気な財閥

 SKグループの役割はいまだ不透明だ。買収資金の融資にとどまるのか。新株予約権付社債(転換社債=CB)の取得まで漕ぎ着けるのか。交渉の先行きは見えないが、 紆余曲折を経て、SKグループが何とか踏みとどまった。

 サムスン電子に次ぐ韓国の半導体大手が、新たな機会をつかむ可能性を得たということで、大きなニュースになった。このSKグループとはいったいどんな財閥なのか。

 韓国の公正取引委員会が2017年5月1日に発表した「大企業集団の現況」によると、この日基準の資産規模は170兆7000億ウォン(1円=10ウォン)で、韓国ではサムスン、現代自動車グループに次ぐ第3位の財閥だ。

 以前まで、3大財閥といえば、サムスン、現代自動車、LGだったが、ここ数年はSKグループが不動の3位を占めている。SKグループには、「3大主力事業」がある。

3つの主力事業

 エネルギー、情報通信、半導体、の3つだ。

 石油・ガス開発、石油化学、石油販売などエネルギー事業、携帯電話サービス事業、半導体メモリー事業が主力事業だ。

 この3つの事業は、特に大きな関連性があるわけではない。にもかかわらず、こういう組み合わせになっているのは、SKグループが、韓国の大手財閥では珍しく、大型M&Aで急成長を続けてきたからだ。

 もともとは繊維事業が中核で、旧社名は鮮京(ソンギョン)といった。快進撃が始まったのは、創業者である実兄を継いで2代目会長になった崔鍾賢(チェ・ジョンヒョン)氏の時代だった。

 筆者は、崔鍾賢氏に長時間インタビューしたことがあるが、スケールが大きく、常に「次の成長分野は何か」を考えている人間的な魅力にあふれた人物だった。この会長の時代に、大きな機会が訪れた。

 韓国の国営エネルギー会社、大韓石油公社の民営化があったのだ。1980年のことだった。

エネルギー、携帯電話、相次ぐ買収

 超優良企業だった公社を買収したことで、鮮京は、一気に韓国エネルギー最大手の一角に浮上した。いまのSKイノベーション、SKエネルギーなどだ。これだけでもすごいことだが、さらに買収は続くのだ。

 1994年、今度は、韓国移動通信の売却があった。こちらも民営化だった。

 鮮京は、盧泰愚(ノ・テウ)政権時代に一度は、携帯電話サービスの新規事業者に選定されたが、盧泰愚大統領の娘と崔鍾賢氏の息子、つまり、いまの崔泰源(1960年生)会長が結婚したため、「特恵だ」という批判を浴びて権利を放棄した。

 次の金泳三(キム・ヨンサム)政権になって、新規事業者の選定と大韓移動通信の民営化が同時に進行し、鮮京は買収に成功した。その後、崔鍾賢氏が1998年に急死し、崔泰源氏が後継会長になった。

 エネルギーと携帯電話サービスという手堅い事業を中核に、鮮京はSKグループと名称を変更した後も順調に成長した。

3度目の機会

 そして、2012年。3度目の機会が来た。ハイニックスだ。

 ハイニックスは、韓国の財閥の盛衰に翻弄された企業でもあった。1980年代から90年代にかけて、サムスングループはいち早く半導体事業に進出した。これに遅れまいと、当時、最大財閥だった現代も、現代電子産業を設立した。LG半導体もできた。

 ただ、巨額投資が必要な半導体メモリー事業を成功させることは容易ではない。1997年、韓国を「IMF危機」と呼ぶ通過経済危機が襲い、財閥の経営も苦しくなった。

 1998年に登場した金大中(キム・デジュン)政権は、財閥同士で事業を交換して効率性を高める「ビッグディール」を推し進めた。政府の強力な要請で、LGグループは半導体事業を現代グループに譲渡することになった。

 ところがこれで終わらない。今度は、現代財閥で危機が訪れた。

 創業者の子供たちが事業継承を巡って争い、現代自動車、現在重工業、現代百貨店など主力事業が次々と「独立」してしまった。

 ハイニックスと社名を変更していた、現代電子産業とLG半導体の合併会社は資金難に陥り、事実上の金融機関管理が続いた。2012年、金融機関はハイニックスの売却を決めた。

 いくつかの財閥が名乗りを上げたが、結局、SKグループが買収に成功する。こういう経緯を経てSKハイニックスになったのだ。

スーパー好況期

 SKグループにとって時機が良かったのは、買収以降、空前の「半導体ブーム」が起きたことだ。SKハイニックスは、買収後、3兆〜5兆ウォン台の営業利益を上げ続けている。

 2017年になって、業績はさらに良くなっている。今年の営業利益は、前年の3倍の10兆ウォン前後に達するとの見通しも出ている。いまや、SKグループ全体の最大の稼ぎ頭になっているのだ。

 崔泰源会長を取り巻く状況も最近、急変してきた。つい2年前、崔泰源会長は獄中にいた。横領などで有罪となったのだ。2015年8月15日に独立記念日にあたる光復節の特赦で復権した。

 一難去ってまた一難。今度は、朴槿恵(パク・クネ=1952年生)前大統領の一連のスキャンダルに関連して、財団にSKグループが資金を拠出したことなどが問題となり、検察の厳しい捜査を受けていた。

会長、不起訴で東芝に集中

 ところが、2017年4月。検察は、崔泰源会長を不起訴処分にした。

 「やっと嫌疑が晴れた」

 この直後から、崔泰源会長は、「東芝」にエネルギーを注ぎ込む。米国や日本に直接出向いて、情報を収集し、関係者と接触を重ねた。

 SKグループは、M&Aによって巨大財閥にのし上がった。ただ、事業基盤を築いたエネルギーと携帯電話サービス事業は、先代、つまり父親の時代の決断だ。2つとも、公企業の買収で、リスクもさほど大きくなかった。

 これに対して、半導体事業は、自分で決断した。民間企業の買収で、オーナー会長としてリスクをとって買収したという自負があるはずだ。それだけ思い入れが強い事業なのだ。

 崔泰源会長にとって、何と言っても、目の上のたんこぶは「サムスン」だ。半導体事業で、サムスンは、依然としてSKのはるか先を走る。

 「何とか、一歩でも近づき、追い越したい!」

 そんな思いの崔泰源会長にとって、「東芝」は、どんな形にせよ関与して、将来の可能性を残したいのだろう。

 東芝の半導体メモリー事業の売却交渉は予断を許さない。SKがどう関与できるのかも不透明だ。だが、単なる融資だけで引き下がるような考えはないはずだ。

 検察捜査から逃れたオーナー会長の頭には「東芝」の2文字がくっきりと刻まれているはずだ。それほどまでに、半導体事業にかける意欲は強いのだ。

筆者:玉置 直司