バットマンは金持ちだけど超人スカウトマン (C) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

写真拡大

 DCのスーパーヒーローたちが集結する「ジャスティス・リーグ」で、バットマンやワンダーウーマンをはじめ、主要メンバー5人の特徴を紹介するキャラクター動画が公開された。

 大ヒット作「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」で描かれたスーパーマンの尊い犠牲により、地球の安全は守られた。しかし、再び地球に壊滅的な危機が迫り、陰ながら街を守るため孤独に悪と戦ってきたバットマンことブルース・ウェインと、人類に失望したったひとりで生きてきたワンダーウーマンは、人類を守るため究極のチーム“ジャスティス・リーグ”結成に向け動き始める。

 このほど公開された動画では、各キャラクターの素顔と超人的パワーが対比されており、ベン・アフレック演じるバットマンは「金持ちだけど超人スカウトマン」、単独映画の公開を控えるワンダーウーマン(ガル・ギャドット)は「プリンセスだけど最強美女戦士」と紹介される。「オタクだけど世界最速」のフラッシュことバリー・アレン(エズラ・ミラー)が戦闘に備え精神を集中させるかのように手を合わせる姿など、初公開のシーンも満載だ。

 さらに、「荒くれ者だけど海の王」のアクアマンことアーサー・カリー(ジェイソン・モモア)はバットマンから渡された三つまたの槍で水を操り、「元アスリートだけど全身兵器」のサイボーグことヴィクター・ストーン(レイ・フィッシャー)は機械化した身体から衝撃波のよう攻撃を繰り出すなど、それぞれの強さが描かれる。各パートの最後には、5人が勢ぞろいした場面が収められており、個性的な超人たちがどのようなチームワークで戦うのか期待をあおる。

 「ジャスティス・リーグ」は11月23日公開。