北朝鮮の朝鮮中央通信社は11日、同国が大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」型を試射したことをめぐり、オーストラリアが、「われわれを刺激した」と非難する論評を配信した。

論評は、オーストラリアのジュリー・ビショップ外相が、北朝鮮のICBMに対して、「『地域と国際の安全を破壊し、周辺諸国を引き続き脅かすものだ』と言い掛かりをつけた」と指摘した。

また、バーナビー・ジョイス副首相が、「『もし北朝鮮が米国に核弾頭を発射すれば、オーストラリアは北朝鮮に反対する軍事行動に参加する』という挑発的な妄言まで吐いた」と非難した。

そのうえで、「すでに闡明したように、わが共和国は責任ある核保有国として今までわれわれを核で脅かさないいかなる国に対しても核で脅かしたことがなく、今後もそのようなことはないであろう」と主張した。

さらに、「われわれの核武装は、米国の核脅威から国と民族の自主権と発展権、生存権を守り抜き、朝鮮半島と地域の平和と安全を守る正義の霊剣である」「オーストラリアの政客らは、自分らの無知で無責任な発言がもたらす結果について考慮する方がよかろう」と強調した。