台湾地区初の自動運転バスが8日から13日にかけて、台湾大学水源キャンパスでテスト運行が行われる。

写真拡大

台湾地区初の自動運転バスが8日から13日にかけて、台湾大学水源キャンパスでテスト運行が行われている。「EZ10」という名前のこのバスはAIによる全自動運転バスで、「レベル4」級自動運転車に分類される。

一定の環境において、運転手が全く操作を行わなくても、全ての運転及び環境監視機能が作動する。このバスは一度に12人の乗客を乗せることができ、0.5−5キロの範囲でシャトルバスとして運行するという。(提供/人民網日本語版・編集YK)