今秋発売見込みのiPhone8は、大幅なデザイン変更と買い替え需要が相まって、かなりの売上が期待できるといわれています。
 
しかしドイツ銀行のアナリストらが、こうした予測に対し「iPhone8売上への期待値が高すぎる」とする見方を明らかにしました。

iPhone8への期待は「楽観的すぎる」

いわゆる「スーパーサイクル」(iPhoneが劇的に売れるサイクル)の根拠について、ドイツ銀行のアナリストであるシェリ・スクリブナー氏、アドリエンヌ・コルビー氏、ジェフリー・ランド氏は、投資家向けのメモにおいて「2018年度と2019年度のiPhone売上の成長率に、投資家はがっかりするだろう」と記しています。
 
3人のアナリストは、市場のiPhone8への期待は「楽観的すぎる」とし、Appleが直面しているスマートフォン市場の現状、すなわち 淵好沺璽肇侫ンの)成熟市場が飽和している買い替えサイクルが長くなっているC羚颪砲けるAppleのシェア縮小と競争率の激化っ羝纏埔譴寮長、を無視したものだと指摘しています。

2015年度は本物のスーパーサイクルだった

ドイツ銀行のアナリストらは、iPhone6/6 Plusの発売された後の2015年度(会計年度)は本物の「スーパーサイクル」だったとし、Appleが初めて大型ディスプレイ搭載のiPhoneを発売したのと、China Mobileが新たにキャリアとして取扱いを開始したのが重なったのが大きかった、としています。
 
「2015年度のiPhone出荷台数は2億3,100万台でピークを迎え、Appleは以来このレベルを繰り返すことができていない」と3人のアナリストは記しています。
 

スマートフォンの市場成長率とiPhoneの成長率(ドイツ銀行/IDC)

スマホ市場は飽和、成長率も緩やかに

3人によれば、現在多くのスマホの買い替えサイクルは約2.7年であり、2015年度に購入した人の買い替え時期は2018年度に当たります。そこから計算すると、2018年度のiPhone売上台数は約2億3,100万台となりますが(2015年に購入したユーザーが全員買い換えると仮定)、現在ウォール街の予測出荷台数は2億4,400万台で、この数字を1,300万台も上回っています。
 
現在出荷されているスマホの65%が300ドル以下の製品であり、市場は飽和状態に近づいていることを考えると、1,300万台の新しいiPhoneの購入層がどこにいるのかがわからない、というのが彼らの指摘です。
 
加えて現在のスマホ市場の成長率は、2015年当時と比べかなり緩やかになっています。

価格が上がれば需要は下がる

またiPhone8については、さまざまな機能がプラスされるために、価格が1,200ドル(約13万7,000円)を超えるという噂も浮上しています。ドイツ銀行は「一般に価格が上がれば需要は下がる」とし、「値上げにも関わらず需要も伸びるというのはほぼありえない」と断言しています。
 
 
Source:Business Insider
Photo:Martin Hajek
(lunatic)