荻野由佳 (C)モデルプレス

写真拡大

【荻野由佳/モデルプレス=7月12日】NGT48の荻野由佳が11日、所属事務所を移籍することを発表した。

AKB48選抜総選挙速報1位のNGT48荻野由佳、レオタードでスレンダーボディあらわ

◆サプライズで発表


11日、荻野が動画配信サービスにて配信中、オファーの手紙を受け取り、本人にもサプライズで発表された。

荻野がAKSから移籍するのは、大手芸能事務所のホリプロ。

荻野は配信にて、『荻野さんの頑張りはNGTのスタッフから聞いてますし、NGTになるまでに何度もオーディションを受け続けた苦労話も聞きました。NGTのメンバーになってからもイベントや握手会を全力でやっている姿を見ていました。先日の面談でもお話しましたが、そんな全力でやる荻野さんに、是非ホリプロの所属を正式にオファーしたいと思います』という同事務所スタッフからの手紙を読み上げ、「ええええ!」と絶叫。

「すごくびっくりしてます…」と唖然としながらも、気持ちを落ち着かせ、「今までは歌とダンスでNGT48として活動させて頂いてきたんですけど、これからはもっと視野を広げて苦手な演技だったりとか挑戦できたらいいなと思いますし、あんまり上手じゃないんですけどバラエティとかにも出演できるくらいの実力をつけたいですし、雑誌のお仕事とかもしてみたいなって思いは勿論あったので、とにかく色んな視野を広げていつも応援してくださってる皆さんを私を知らない方にも是非興味を持ってもらえるようにといいますか、とにかくNGT48を知ってもらえるきっかけをホリプロさんと一緒に作っていきたいと思います」と意気込んだ。

NGT48の公式SNSでも「【ご報告】おぎゆか(荻野由佳)が、所属事務所を移籍することになりました。お世話になるのは、ホリプロさんです。引き続き、おぎゆかへの応援をよろしくお願い致します」と報告している。

NGT48で、北原里英、柏木由紀といった移籍、兼任メンバーをのぞく生え抜きメンバーで、事務所移籍をするのは初となり、異例の早さ。

ホリプロは、和田アキ子や石原さとみなど、多くのタレントを抱える芸能事務所。48グループでは、元メンバーの板野友美をはじめ、AKB48の宮崎美穂、SKE48の佐藤すみれ、山内鈴蘭などが所属している。


◆速報1位で一躍脚光


荻野は、1999年2月16日、埼玉県出身。18歳。チームNIIIの副キャプテン。愛称は“おぎゆか”。スレンダーなスタイルに元気いっぱいのパフォーマンスが特徴的。

バイトAKBとしての活動を経てドラフト会議で指名を受け、やっとNGT48のメンバーになった苦労人。前回の選抜総選挙結果は95位(9403票)だったが、今年の総選挙の速報で、過去最多票数となる5万5061票を獲得し暫定1位となり一夜にしてシンデレラガールに。6月17日に沖縄県で行われた本番では、73368票で5位となり、大きく躍進を遂げた。(modelpress編集部)

情報:NGT48、SHOWROOM

【Not Sponsored 記事】