アキラ100%(撮影:竹内みちまろ)

写真拡大

 11日放送の『踊る踊る踊る!さんま御殿!!3時間SP』(日本テレビ)にお笑い芸人のアキラ100%が出演。営業についての悩みを明かした。

 お盆で局部を隠しただけの見えそうで見えない放送ギリギリの裸芸が人気のアキラ100%だが、最近ではテレビ出演だけでなく営業もするそう。しかし、営業先の中には「チャラチャラしたイベンターさんがいて『今日お盆落として大丈夫なんで』とか言ってくる」とアキラ100%の芸風に反し、あえてお盆を外すよう期待されてしまうことがあると告白。

 さらに営業先の舞台を確認しに行ったところ、そこが鏡張りになっているというアキラ100%にとってとんでもない仕様になっており、そのあまりの配慮のなさに「俺のネタ知って呼んでます?っていうぐらい」驚きが隠せなかったという。結局その営業では鏡に映らないよう「舞台の角みたいなところでネタを15分くらいやって」すぐさま引き上げることで事なきを得たのだとか。

 アキラ100%は自身の裸芸について、BPO(放送倫理・番組向上機構)からクレームが寄せられたこともあり、誰よりも“見せない”ことをモットーに活動しているものの「見せることが面白いみたいなことになっちゃってる」とやってはいけないことを求められることにデリカシーのなさを感じると明かした。