メッシ&ネイマールの来日決定! “Rakuten”仕様の新ユニフォームを世界初お披露目

写真拡大

楽天の三木谷CEOと会食、プレゼンテーションに出席予定

 新シーズンからバルセロナのオフィシャルパートナーとなったインターネット関連企業「楽天」。

 そのプレゼンテーションとして、クラブを代表してアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ブラジル代表FWネイマールらが来日することが決まったと、クラブ公式サイトが発表している。

 楽天は7月1日から新シーズンにおけるトップパートナー契約が始まり、4年間にわたって「Rakuten」という文字列で胸スポンサーを務める。その額は日本円にして年間65億円とも報道されているが、同サイトによると「FCバルセロナと日本企業の合意を祝う記者会見が行われる」と記されている。その場には現在日本を訪れ、「ピコ太郎」との衝撃的なコラボレーションを果たし、楽天の三木谷浩史CEOとも交友関係を持つスペイン代表DFジェラール・ピケはもちろん、世界トッププレーヤーも訪れるという。

 同サイトによれば、メンバーはメッシ、ネイマール、そしてトルコ代表MFアルダ・トゥランとのことで、日本には11日もしくは12日に来日予定。選手たちは三木谷氏と会食し、新シーズンに向けたユニフォームを着た姿が世界初のお披露目となる予定だ。

 メッシやネイマールらは日本に来日して13日にはスペインへと帰国、エルネスト・バルベルデ新監督が指導するトレーニングに参加する予定だという。世界最強のクラブが日本で行うプレゼンテーションは、世界的にも注目を集めそうだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images