代表でアピールしクラブでの出場機会確保を狙う清水DF立田悠悟「ここで結果を出しながらクラブの方で試合に絡めたら」《AFC U-23選手権》

写真拡大

▽U-20日本代表は11日、千葉県内で今月19日〜23日にかけてカンボジアで行われるAFC U-23選手権予選に向けたトレーニングを実施した。

▽練習後、トゥーロン国際大会を経てU-20日本代表に招集されたDF立田悠悟(清水エスパルス)が、メディア陣のインタビューに応対。今回の予選を足掛かりにクラブでの出場機会の増加と自身の成長に繋げたいとアピールを誓った。

◆DF立田悠悟(清水エスパルス)

──選出されたことについて

「U-20ワールドカップのメンバーには選ばれず、その中から選ばれたというのは、自分が一つレベルアップできるチャンスをもらえたということ。それは嬉しかったですけど、所属クラブの方で結果を残せておらず、今回も天皇杯のメンバーに入れなかったので、嬉しい気持ちと悔しい気持ちの両方あります」

──トゥーロン国際大会は自身にとってどういう大会だったか

「トゥーロンは、自分の中でも久しぶりの代表でした。それに並行してU-20ワールドカップもやっていたので、そのメンバーに入れなかった悔しさを出しました。自分の中では良いパフォーマンスができてたと思いますし、そのおかげで今回選ばれたと思っています。自分の中では良いフィーリングでできました」

──グループステージで1勝もできなかったが、世界との差はどんなところにあると思うか

「やはり点を取るべきところで取らないと厳しい戦いになります。あとは、一瞬のスピードという部分で違いを感じました」

──今シーズン、J1デビューを果たしたが

「正直、自分ができたなと思ったのはデビュー戦の時だけでした。それでも酷かったですけど。あとの2試合は自分の持ち味も出せなかったし、終始ビビってプレーしてしまいました。当然、試合に出るチャンスも失いました。こういうところで結果を出しながらクラブの方で試合に絡めたらと思います」

──13日には天皇杯に招集されていたメンバーも合流するが

「明後日に合流するメンバーは自分より経験もありますし、実力的にも上だというのは分かっています。そういう選手たちから良い部分を吸収して、自分の成長に繋げられたらと思います。ここに来ている以上は、試合に出たいというのがあるので、ちゃんとアピールしてやっていきたいです」