ジョコビッチがマナリノを退け、男子のベスト8が出揃う [ウィンブルドン]

写真拡大

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月3〜16日/グラスコート)の男子シングルス4回戦で、第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)がアドリアン・マナリノ(フランス)を6-2 7-6(5) 6-4で破り、男子のベスト8が出揃った。試合時間は2時間13分。

 この試合は大会7日目に予定されていたが、第4シードのラファエル・ナダル(スペイン)と第16シードのジル・ミュラー(ルクセンブルク)の4回戦が長引いたため、翌日に延期されていた。

 ウィンブルドンに13年連続出場となるジョコビッチは、これまでに3度(2011年、14年、15年)タイトルを獲得。昨年は3回戦で、サム・クエリー(アメリカ)に6-7(6) 1-6 6-3 6-7(5)で敗れていた。

 両者は昨年の大会の2回戦で初対戦しており、ジョコビッチが6-4 6-3 7-6(5)で勝っていた。マナリノは2回戦でアンタルヤ(ATP250/グラスコート)の決勝で敗れた杉田祐一(三菱電機)を倒し、3回戦でガエル・モンフィス(フランス)との同国対決を7-6(3) 4-6 5-7 6-3 6-2で制して4年ぶりの16強入りを果たしていた。

 ジョコビッチは準々決勝で、第11シードのトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)と対戦する。ベルディヒは4回戦で、第8シードのドミニク・ティーム(オーストリア)を6-3 6-7(1) 6-3 3-6 6-3で下しての勝ち上がり。

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン)の男子シングルス4回戦でアドリアン・マナリノを破った第2シードのノバク・ジョコビッチ
Photo:LONDON, ENGLAND - JULY 11: Novak Djokovic of Serbia plays a forehand during the Gentlemen's Singles fourth round match against Adrian Mannarino of France on day eight of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 11, 2017 in London, England. (Photo by Shaun Botterill/Getty Images)