マンチェスター・ユナイテッドに加入したロメル・ルカク【写真:Getty Images】

写真拡大

 マンチェスター・ユナイテッドへの加入が正式に決定したベルギーFWロメル・ルカクは、今後の成績に応じて設定されたボーナス条件の達成次第では、“史上最高額”のサッカー選手となることが見込まれる。10日付の英紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が伝えている。

 ユナイテッドは10日に、エバートンに所属していたルカクの加入が正式に完了したことを発表した。移籍金の額は公表されていないが、各メディアの報道では7500万ポンド(約110億円)とされている。

 現在のサッカー界における移籍金の史上最高額は、ユナイテッドが昨夏ユベントスからMFポール・ポグバを獲得した際の8900万ポンド(約131億円)。ルカクの移籍金はこの金額には届いていないようだ。

 だが設定された目標をルカクが達成した場合、ボーナスも含めてエバートンに支払われる総額は9000万ポンド(約133億円)に達するという。ボーナス条件の詳細は明らかではないが、タイトル獲得や得点数などの結果次第で、ルカクがサッカー界の最高額選手となる可能性もあるようだ。

text by 編集部