@AUTOCAR

写真拡大 (全8枚)

4代目 アウディA8 どんなモデル?

新型アウディA8が世界デビューを飾った。

第4世代目に進化したアウディのフラッグシップは、市販モデル世界初という「高度な自動運転システム」を設定し、話題となっている。

その先進自動/自律運転機能についてアウディは、
・パーキングパイロット
・ガレージパイロット
・トラフィックジャムパイロット
を2018年以降、段階的に導入していくとしている。

エクステリア

新型アウディA8は、
・直立したシングルフレームグリル
・レーザーライトを用いたHDマトリクスLEDヘッドライト
・OLEDテクノロジーを用いたテールライト
を採用した。

標準仕様は全長5170mm。A8 Lはホイールベースを130mm拡大。どちらも力強さを強調するスタイリングになった。先代モデルと比較して、標準仕様、A8 Lともに、全長は拡大している。
 

ボタン/スイッチ排除!? インテリア

車内は、シートのパーフォレーション(通気孔加工)、エアベントの電動開閉シャッターにいたるまで、エクスクルーシブなクオリティを追求したという。


従来モデルの特徴でもあった
・ロータリープッシュボタン
・タッチパッド
が姿を消し、インストルメントパネルのボタンやスイッチ類もなくなっている。

センターコンソールにある2つのスクリーンは、片側がエアコンと快適機能にアクセスするためのもので、ここからテキストの入力も可能。2つのディスプレイのうちどちらかが作動したときには、チャイムとクリック感で、ドライバーに伝える仕組みになっている。


また、日常的な言語で様々な機能を操作できるボイスコントロールも搭載した。
 

「アイオフ」に対応 自動運転機能

新型アウディA8には、市販モデルとしては世界初とされる高度な自動運転機能を搭載。

アウディAIトラフィックジャムパイロットは、中央分離帯のある高速道路を60km/h以下で走行しているとき、ドライバーに代わって運転操作を引き受ける機能だ。

操作は、センターコンソールにあるAIボタンを押すだけである。

アイオフの自動運転って?

トラフィックジャムパイロットは発進、加速、ステアリング、ブレーキの各操作に対応。ドライバーはこれらの操作を、見守る必要がないという機能だ。

ステアリングホイールから手を放すことも可能で、車載テレビを視聴するなど、運転以外の行為を行うことも許される。システムが機能の限界に達した場合には、すぐさまドライバーに、運転操作に戻るよう通知がなされる仕掛けだ。


メカニカル面でみていくと、
・レーダーセンサー
・フロントカメラ
・超音波センサー
・レーザースキャナー(自動車初)
といったデバイスでシステムを構築。自動運転中は常時、セントラルドライバーアシスタンスコントローラー(zFAS)が、各センサーのデータを照合し、周囲の状況を把握するという。
 

新次元サスペンション キモは「48V」

ダイナミックオールホイールステアリングは、前輪のステアリングレシオを、速度に応じて変化する機能だ。

その一方で後輪は、速度に応じて、ステアリングと同じ向き、あるいは逆向きに操舵される。


また、アウディAIアクティブサスペンションは、電動アクチュエーターを働かせて、個々のホイールを持ち上げたり下げたりする。側面衝突に際しては、素早い反応で衝撃を受ける側のボディを持ち上げ、乗員への衝撃を緩和することもできる優れものだ。

すべてのエンジンに48V

このサスペンションシステムは、48V電源により実現されている。新型アウディA8のすべてのモデルが、48Vのシステムを主電源として初採用したのは、注目に値する出来事だ。


ヨーロッパ仕様のエンジンは5種。

3.0TDI V6:286ps
3.0TFSI V6:340ps
4.0 TDI V8:435ps(追加予定)
4.0 TFSI V8:460ps(追加予定)
6.0ℓ W12

5タイプすべてのエンジンに、48Vの電源システムとベルト駆動式オルターネータースターター(BAS)が備わり、マイルドハイブリッドとして機能する。

新型アウディA8 欧州価格

ネッカーズルム工場で生産される新型アウディA8およびアウディA8 Lは、2017年晩秋からドイツ市場で販売開始。ベース価格はアウディA8が€90,600(1180万円)、アウディA8 Lが€94,100(1226万円)だ。