10日、中国の女優ヤン・ミーが、ディリロバに続いて新たなウイグル美女を個人事務所に引き入れている。

写真拡大

2017年7月10日、中国の女優ヤン・ミー(楊冪)が、ディリロバ(迪麗熱巴)に続いて新たなウイグル美女を個人事務所に引き入れている。鳳凰網が伝えた。

【その他の写真】

ヤン・ミーは13年に独立し、個人事務所の嘉行伝媒公司を設立。同事務所に所属しているウイグル人女優のディリロバは、映画大学在学中からヤン・ミーがその美貌と可能性に注目し、所属契約を結んだ有望株。デビュー後、ヤン・ミーの主演ドラマに必ず出演しては知名度を上げ、今では主演ドラマも制作されるほど絶大な人気を獲得している。

そんなヤン・ミーが、またもやウイグル美女に目を付けたと話題だ。このほど新たに所属契約を交わしたのが、ディリロバと同じく新疆出身の代斯(Daisy)。映画大学出身で、中国語とウイグル語、さらに英語とロシア語も堪能な才女だ。ヤン・ミー主演の人気ドラマ「三生三世十里桃花」、ヴィック・チョウ(周渝民)主演の時代劇「烈火如歌」に出演して人気を集め、「ディリロバ2世」として熱い注目を浴びている。(翻訳・編集/Mathilda)