ミランに加入したハカン・チャルハノール【写真:Getty Images】

写真拡大

 昨シーズン限りでミランを退団した日本代表FW本田圭佑に代わり、新たに「背番号10」をつけることになるのは、この夏加入したトルコ代表MFハカン・チャルハノールかもしれない。11日付の伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

 3年半にわたってミランの10番としてプレーしてきた本田は、今年6月30日までとなっていた契約を延長せずミランを退団した。新シーズンの背番号は現時点で決定されておらず、伝統の10番をどの選手が受け継ぐことになるのか注目される。

 新シーズンに向けて始動したミランは、現地時間の11日に初の実戦となるルガーノ(スイス)との練習試合を行う。この試合で、新戦力のハカンが10番をつけてプレーすることが見込まれている。今後の選手の出入りにより背番号が変動することもあり得るため、まだ正式なものではないが、そのままハカンがミランの新10番になるのではないかとも予想されている。

 フリーキックの名手としても知られるハカンは、ドイツのレバークーゼンからの完全移籍でミランに加入した。レバークーゼンでは背番号10をつけていたが、ミランでも同じ番号を本田から引き継ぐことになるのだろうか。

text by 編集部