avex beach paradise

写真拡大

 エイベックスによる海の家「avex beach paradise」が、由比ヶ浜海水浴場にオープンした。5周年を迎える今年はターゲット層を20代後半から30代、40代に引き上げ、「大人のあそび場」をコンセプトにフルリニューアルを実施。全席VIP席とし、鎌倉エリアの食材を用いた食事やマリンスポーツを提供する地域密着型の海の家として8月31日まで開催している。
 avex beach paradiseは、由比ヶ浜海水浴場の滑川交差点近くにオープン。グリッド上に構成したファサードが目を引く建物は、クリエーティブデザイナーチーム「notes」が設計を手掛けた。葉山のプライベートレンタル邸宅「THE HOUSE」がプロデュースした内装は開放感のあるモダンな雰囲気で、全席VIPシートというラグジュアリーな空間に仕上げられた。シートプランは全4種類で、目の前に海が広がるカウンターとソファー席の「SEA SIDE SEAT」、シックな黒を基調としたソファー席の「BLACK SUITE SEAT」、ソファーとテーブルを白で統一した「WHITE SUITE SEAT」、アメリカ西海岸のようなカジュアルな雰囲気のアイランド式バーカウンター「BAR COUNTER SEAT」を用意。施設内にはシャワーヘッド世界シェア1位のドイツ発「ハンスグローエ(Hansgrohe)」が特別協力したシャワールームをはじめ、クロークやパウダースペース、トイレ、ロッカーを完備するほか、ビーチハウス中央に設置されたビリヤードや卓球が自由に楽しめる。パラソルやリゾートベッドのレンタルを行い、シャワーやロッカーのみの利用も可能。水圧の力で空中を自由に飛ぶことができるマリンスポーツのFly Boardや水上バイク、サーフィン、サップといったアクティビティも体験できる。
 同施設で提供されるフードは「東京カレンダー」が監修。カジュアルイタリアンを中心としたメニューには、葉山牛を使用したヒレカツサンド(3,800円)やスペシャルビーフカレー(2,800円)、鎌倉ハム富岡商会から直送された鎌倉ウインナー盛り合わせ(1,400円)など地元の食材を用いた食事がそろう。ドリンクはソフトドリンクに加えてシャンパンやワイン、カクテル、焼酎などアルコールメニューが充実。東京都内〜由比ヶ浜間をプライベートリムジンやハイヤーで送迎するプランも用意し、丸一日ラグジュアリーに過ごすことができる施設となっている。