ダイエットが間に合わなくても大丈夫! 海やプールの前日&当日にできる細見えテク♡

写真拡大 (全9枚)

今回は、水着を着る前日&当日にできる“細見えテク”をご紹介します♡ 結局ダイエットが間に合わなかったという人も、さらに細見え効果を狙ってモテたい人も! ぜひ試してみてくださいね。 

せっかく水着を着るなら、体型に引け目を感じたくない!




いよいよ夏も本番。海にプールに、水着で遊びに行くのが楽しいシーズンですよね。水着で自信が持てるくらいに体型がキープをできている状態が理想だけど、ダイエットをしても思ったより効果が出ないまま夏を迎えちゃった……そんな事情で、落ち込んでいる人もいるのでは?

もちろんエステに行くほどの大金を使うわけにいかないし、怪しい美容グッズに手を出すのは怖い。そんなピンチなときにも、ちょっとした手間で細見えを目指せるテクニックを集めてみました。さっそくチェックしてみましょう!

水着を着る前日に試したい! 細見えテクニック


水着を着る前日は、体にヤセ姿勢をインプットしたり、むくみを防ぐ直前対策がおすすめです。

1. コルセットでウエストを引き締める
これは、バレリーナが体の引き締めにゴムベルトを使うのを応用したやり方です。バスト下〜ウエストにかけてコルセットをほどよく締めると、体がヤセ姿勢に慣れて、外した後もキープできるようになるそう。もちろん、ある程度の期間をかけた方がヤセ姿勢の定着につながるのですが、前日に半日ほど試すだけでも普段との違いを感じられると思います。

約2000円で買える!


オーバーバストコルセット / ¥2100 / サイズ展開が豊富で、自分に合った細見え対策ができます!


女性用コルセット / ¥1499 / ブラ下の部分から着けられるタイプで、いろんな服装に対応OK♡

2. 夕飯は塩分を抜く
夏の暑い季節は、日中から塩分抜きを実行するのは注意が必要。ですが、夕飯だけ塩分ナシですませる程度なら、適度なむくみ対策として取り入れやすいのではないでしょうか。

塩・しょうゆ・味噌・ケチャップなどの調味料はもちろん、ハムやチーズなど塩分を含む加工食品も避けたメニューで頑張ってみましょう。水炊きスープなどを自作して、味付けはレモン・オリーブオイル・ごま油・ハーブ類・カレー粉などですませるのがおすすめです。ちなみに、熱中症にならないよう、水分はたっぷり摂ってくださいね!

3. 頭寒足熱スタイルで寝る
夏は暑くて寝苦しい夜が多いから、ついつい薄着&裸足で寝たくなりますよね。でも、下半身を冷やして血行が悪くなってしまうと、むくんだり代謝ダウンの原因になるので要注意。上は半袖やノンスリーブでもOKですが、下半身は腹巻きやタイツ、靴下などを着用して、冷えから守ることを意識してみましょう。

水着を着る当日に試したい! 細見えテクニック




いよいよ当日。朝起きたままの体をしゃきっと起こしてその気にさせるだけでも、ワンサイズ細見えにつながります。やらなきゃ損だと思って、トライしましょう!

1. とりあえず腹筋をする
体育や部活でやっていたような腹筋を、ちょっと疲れるぐらいまでマイペースにやってみて。筋肉を起こしてあげるだけで、朝起きたばっかりのポヨポヨなウエストから触り心地が変化しますよ! 
時間が取れない人は、集合場所までの道のりを大股&早歩きで筋トレを兼ねましょう。

2. おなかを引っ込めるストレッチをする
次は、ウエストまわりのストレッチをしましょう。といっても、やり方はただおなかを引っ込めるだけ! 思いっきり引っ込めて10秒カウント、これを2〜3回繰り返してみます。その他、二の腕・背中・脚・首まわりなどが気になる人は、学校で昔習ったようなストレッチをやってみるだけでも見た目がすっきりするので、合わせてやってみましょう。

間に合わなくても大丈夫♡ こんなアイテムがおすすめ
体型カバー水着でお腹周りをすっきり♡


スカート付き 6WAYビキニ3点セット / ¥3990 / 肩紐を外したり、腕を通さずにベアトップとして着こなしたり様々なコーデを楽しめます☆ オフショルデザインだから着るだけでデコルテ美人に♪ 大ぶりの可愛いフリルが気になる腕回りをカバーしてくれて、細見えも叶います。


背中開きバックリボン♪ ワンピースセットアップ水着 / ¥3990 /

泳いでいないときはパーカーや上着を羽織ってでカバーして!


指抜き穴×フード付きストレッチラッシュガードパーカー / ¥2290 / 太陽下では強い紫外線を防ぎ、水中では体温の低下を防いでくれたり、擦り傷防止にもなって、体型カバーもできる優秀アイテム。

水着を着る前日&当日にできる直前対策をご紹介しました! ぜひ、できそうなものから試してみてくださいね
(由井妙/studio woofoo)