画像提供:マイナビニュース

写真拡大

女優の田中麗奈が11日、都内・IHI本社で行われた、舞台「ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season 風 Produced by TBS」の製作発表記者会見に登場した。

同作は劇団☆新感線による人気演目で、1990年の初演以来、7年ごとに上演されている代表作。今回は360°型の新劇場「IHIステージアラウンド東京」にて、2017年3月より1年3カ月のロングランを予定している。"花・鳥・風・月"の4シーズンに分け、すべて異なるキャスト、それぞれ全く違ったアプローチで上演する。

360°のステージに、「方向音痴なので気をつけないと」と苦笑する田中。背中の大きく開いだ黒のロングドレス姿で現れ、スリットからは美脚をのぞかせた。小池栄子、りょうなどが演じてきた極楽太夫役を務めるが、ライバルを問われると「私は初参加となりますので、今まで見させていただいた先輩方を学びながら、ライバルというよりは研究させていただいてという気持ち」と語った。

中でも“Season鳥”の「松雪泰子先輩」を挙げた田中は、「もう優雅で麗しくて最高で。ため息が出ちゃうようで、力強くて、美しくて。さてどうしようかなと」と思案し、「田中麗奈の極楽太夫を作っていかなければと思っています」と意気込んだ。

会見には他、松山ケンイチ、松山ケンイチ(人形)、向井理、田中麗奈、岸井ゆきの、生瀬勝久、山内圭哉、橋本じゅん、脚本の中島かずき、演出のいのうえひでのりが出演した。