ハメスがバイエルンへ2年間の期限付き移籍! 「アンチェロッティ最大の願いだった」

写真拡大

バイエルン公式サイトで発表、メディカルチェック後に正式契約へ

 バイエルンがレアル・マドリードのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスを獲得したことを正式発表した。

 クラブの公式サイトによると、レアルの背番号10を背負った男は2019年6月30日までの2年間の期限付き移籍となり、買取オプションが付いている。ハメスはメディカルチェックを済ませた後、正式契約の運びとなる。

 バイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOは、「我々はこの移籍を完了させたことができて喜んでいる。ハメス・ロドリゲスの契約は我々の監督、カルロ・アンチェロッティ最大の願いだった」と説明。2014年ブラジル・ワールドカップでブレーク後、モナコからレアルに移籍した際に監督を務めていたアンチェロッティ氏の肝いりの補強だった。

「ハメスはとても万能型の選手。ゴールも決められるし、アシストもできる。何よりもセットプレーで偉大だ。我々のチームのクオリティーをさらに高めることに疑問はない」と、ルンメニゲ氏はスーパースター獲得を喜んだ。

 圧倒的な技術を誇りながらも、レアルではジネディーヌ・ジダン監督の信頼を獲得できなかったハメスは、ドイツ王者でその才能を世界に示すことになりそうだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images