これでYouTuberになれる? iPhoneの画面を簡単、サクッと録画できるゲームキャプチャー

写真拡大 (全4枚)

「好きなことで、生きていく」のキャッチフレーズで、新たな職業として登場したYouTuber。
小中学生の間では、いまやサッカー選手や医者と並んで、将来なりたい人気職業となりつつある。
というのも、トップのYouTuberともなれば、高収入が約束されるからだ。

実際、日本でトップ10入りを果たすYouTuberの中には、年収1億円以上の人も少なくない。
世界一のYouTuber PewDiePie氏ともなれば、年収1200万ドル(約14億円)というから驚きだ。

YouTubeで人気を集めるコンテンツの一つには、ゲーム実況がある。

しかし、ゲーム実況をするには、ゲーム画面をキャプチャーできなければならない。
ところが、iPhoneや家庭用ゲーム機でのゲームプレイ画面を録画するには、パソコンに接続して録画するなど、意外に面倒で手間もかかる。

とくに高画質な動画で録画するとなると、パソコンなどの録画機器に高性能なマシンが必要となる。
つまり、結構なお金が必要になってしまうということ。

そこで上海問屋から発売された、安価で手軽にゲーム画面を録画できる、「HDMIビデオ・ゲームキャプチャー」を紹介しよう。
価格は、1万5,999円(税込)。


■iPhoneの画面を手軽に録画
「HDMIビデオ・ゲームキャプチャー」が録画できるのは、
・家庭用ゲーム機
・パソコン
・iPhone
などの画面だ。

特に、手軽に録画できなかったiPhone画面をLightningケーブルに接続するだけで高画質な録画できる点は嬉しい。

録画の仕方は、簡単だ。
・iPhoneと、「HDMIビデオ・ゲームキャプチャー」を接続
・、「HDMIビデオ・ゲームキャプチャー」の録画ボタンを押す
これだけで、iPhone画面を録画できる。




「HDMIビデオ・ゲームキャプチャー」は、マイクを使えば「音声入り実況録画」も可能だ。
ゲームやアプリの解説を入れた動画の録画も簡単にできる。

録画した画像はMP4形式なので、スマホやパソコンなどの動画再生アプリで簡単に見られる。




■豆知識:iPhoneの画面を録画する2つの選択肢 アプリ vs ハード
iPhoneの画面を録画する方法としては、
・アプリ(ソフトウェア)で録画
・録画機(ハードウェア)で録画
の2種類に分けられる。

そもそもiPhoneでは、スクリーンショットは標準機能で撮れるが、画面を動画に録画することはできない。
そこで、アプリや録画機が必要となるわけだ。

ただアプリの場合、
「脱獄」と言われるApple非公認の方法が必要な場合もある。
または、脱獄しないまでもApple非公認のアプリ(Apple Storeを介さずにインストール)を使う方法も多い。

録画機を使う方法では、
・AirPlay ミラーリングを使う
・キャプチャーボードを使う
の2種類に分けられる。

AirPlay ミラーリングは。iPhone画面の映像や音声をパソコンやモニタに出力するものだが、設定がやや面倒くさい。
キャプチャーボードは、AirPlay ミラーリングよりも手間はかからないが、録画環境を整える必要がある。

どちらも、録画できるまでに時間と労力がかかるので、多少ハードルが高い。





ITライフハック 関口哲司