Photo by cinemacafe.net

写真拡大

先週来日し、ファンを沸かせたナイル・ホーランが、再び日本に戻ってくることになった。
ナイルはツイッターでワールドツアー「Flicker Sessions 2017」を開催することを発表。8月29日(現地時間)に故郷のアイルランドからスタートし、日本では9月14日(木)に「EX THEATER ROPPONGI」で一夜限りのライブを行う。

ナイルはアイルランド、日本のほかにスウェーデン、イギリス、オーストラリア、アメリカ、ブラジル、メキシコ、カナダの計21の街を11月22日まで回る予定だ。偶然にも「ワン・ダイレクション」のメンバーのハリー・スタイルズも、今年はほぼ同時期の9月19日から12月8日まで同じくワールドルアーに繰り出す。やはり、仲良しのメンバーであってもそれぞれの動向は気になるものなのだろうか…?

ナイルは「メディアはぼくらをライバル関係に仕立てたがるんだよね。でも、それは無理だからホッとしてるよ。だって、ぼくらはみんな、ひとりひとりがまったく違うタイプの音楽をリリースしているんだもん」とメンバーの音楽の方向性の違いを主張し、ライバルになることはないと「The Straits Times」に語っている。

(Hiromi Kaku)

■関連記事:
ケイティ・ペリー、「ナイル・ホーランがつきまとって離れない」の真相
ナイル・ホーラン、ソロに慣れず「1D」早期再結成を望む
ナイル・ホーラン、「ワン・ダイレクション」再結成を示唆
ナイル・ホーラン、ソロデビュー曲のPV公開!ファンから歓喜の声
「1D」ナイル・ホーラン、インスタグラムのアカウントがハッキングされる