バイエルンにローン移籍するハメス

写真拡大

バイエルン・ミュンヘンは11日火曜日、ハメス・ロドリゲスを2年間のローン移籍で獲得したとtwitterの公式アカウントで発表した。

【関連記事:ハメス 移籍市場で大ブレイク】

ハメスは今夏、監督ジネディーヌ・ジダンの構想から外れていることから、移籍の噂が絶えずいた。移籍先の候補としては金満クラブの代表格であるPSGや、広告塔だったウェイン・ルーニーを失ったマンチェスター・ユナイテッドも挙がっていた。

しかし、選んだ先はブンデスリーガの強豪バイエルン・ミュンヘンとなった。母国コロンビアでもジャーナリストが「ハメスはマドリーに残ることは無い。最も可能性があるのはPSGよりもバイエルン・ミュンヘンだ」と予想していた。

現在25歳のハメス・ロドリゲスは2014年ブラジルW杯で得点王とベストイレブンに選ばれた功績で、モナコから念願のレアル・マドリード入りを果たしたが、その高額な移籍金に見合わない活躍で控えに甘んじることが多かった。

バイエルンにはハメスと同じポジションに元FCバルセロナ所属MFチアゴ・アルカンタラが君臨しており、ハメスの試練は移籍後も続くかもしれない。