「七日の王妃」2PM チャンソン、製作陣が賞賛した“嗚咽シーン” 現場公開

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
KBS 2TVドラマ「七日の王妃」(脚本チェ・ジンヨン、演出イ・ジョンソプ) で2PMのチャンソンが嗚咽するシーンエピソードが公開された。

ソノ(チャンソン) に向けられた熱い視聴者の声援が格別だ。ドラマの展開のための重要人物でもあるが、熱いブロマンスと情深き男の温かな姿をすべて見せてくれる人物だからだ。そしてここで、独自の方法で徐々にキャラクターに溶け込んでいったチャンソンの役作りに対する情熱も見過ごせない。チャンソンは船上で肉弾戦を繰り広げた初登場から安定した演技を見せ、視聴者をドラマへのめり込ませた。

しかしチャンソンの演技が最も光ったのは、6日に放送された第12話のソノの嗚咽の場面である。長い間離れ離れで、ようやく再会した父が冷たい屍となって戻ってきた時、父の墓前でソノが涙を流す場面でとめどなくあふれ出す涙は、ぐっと押さえ付けてきた心が爆発する感情などを繊細に描き出すことにより好評を得た。

そして「七日の王妃」制作陣が12話に続き13話でも登場するソノの墓前での嗚咽シーンを11日に公開し、注目を集めている。

公開されたチャンソンは喪服姿で、父の墓前に座り込んでいる。魂が抜けたような表情や、地面に手をつき頭を下げたまま嗚咽する姿だ。それは父の死に直面せざるを得なかったソノの込み上がる感情がものさびしく表れている。普段口数が少なく、無愛想で感情をなかなか表わさなかったソノであったため、彼が流した涙はさらに痛々しく感じられる。

チャンソンの嗚咽演技は、12話の短いシーンでも輝いた演技であるだけに、瞬間を捉えた写真からも彼の幅広い感情が際立つ。これは見る者の涙腺を刺激するほどだ。このシーンの撮影直後、息を殺していた俳優たちと製作陣は皆、チャンソンに感嘆と賞賛を惜しまなかった。

制作陣によると、12日に放送される「七日の王妃」でソノの父の死、これによるソノの決心は、イ・ヨク(ヨン・ウジン) の行動に意味のある影響を与えるという。「ドラマの展開において重要な場面である。ソノとの友情が乱れているイ・ヨクの心の中にいかなる風を呼び起こすのか、このような重要な場面をチャンソンがどのように描いていくのか、多くの関心と期待を持ってほしい」と呼びかけた。

「七日の王妃」は、7月12日午後10時に放送予定だ。