東京メトロは、7月11日から実施する快適通勤ムーブメント期間に合わせ、平日朝ラッシュ時間帯の混雑緩和を目的とした早朝時間帯の臨時列車を、東西線と半蔵門線で運転する。

運転日は7月11日から14日までと18日から21日までの計8日間。東西線では午前6時台に西船橋発九段下行快速列車1本と妙典発九段下行各駅停車1本を「時差Bizトレイン」として、半蔵門線では午前6時台に中央林間発押上行を「時差Bizトレイン」として運転するとともに、午前7時台の半蔵門発長津田行列車1本を押上発に変更する。東西線では臨時列車の運転に伴い、一部列車で運転時刻の変更や快速列車の通過待ちが行われる。

その他にも、朝のラッシュのピーク時間前の乗車を推奨し、獲得できるメダルを集めると商品券などのプレゼントの抽選に応募ができる「東西線早起きキャンペーン」、西武鉄道チケットレスサービス「Smooz」で有料座席指定列車「S-TRAIN」の指定券を10回以上購入すると、PASMOやSuicaで使える「ICカードチャージ引換券」をもれなく1,000円分か抽選で最大3,000円分プレゼントするキャンペーンなども行う。

⇒詳細はこちら