11日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本の鉄鋼技術について紹介する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2017年7月11日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本の鉄鋼技術について紹介する記事を掲載した。

記事は、日本の鉄鋼技術は世界トップであり、1980年代にはドイツも日本の技術の高さを認めていたと紹介。日本の鉄鋼は薄利多売で技術を独占することで利益を得てきたとした。

例えば、日本のJFEホールディングスと新日鉄住金は、2014年のフォーチュン・グローバル500で、鉄鋼では1位と2位を占めており、この2社の社員数と利潤は恐ろしい数字になると伝えた。

さらに、ドイツのティッセンクルップの高級自動車用の鋼板技術は日本のJFEから導入しており、アルセロール・ミッタルの自動車鋼板技術は新日鉄の技術を使用しているという。

他にも、欧州の旅客機に使用する純チタンは新日鉄からで、ボーイングの旅客機に使用しているカーボンファイバーもすべて日本製であることを紹介。劣悪な環境で使用されるところには耐久性と極めて高い信頼性が求められるが、トップレベルの技術が求められるところに日本製が使用されていると伝えた。

これに対し、中国のネットユーザーからは「どんな分野の技術でも日本のトップクラスの技術は中国を秒殺できる」「日本は実際の工業をやって新たな技術を開発している。俺たちはアイドルを追っかけて不動産をやってネット上でもうけているだけ。比べようがない」など、日本の技術力を評価するコメントが寄せられた。

また、「歯医者の使う細いドリルは針ほどの細さだが、硬さと耐久性が求められる。すべて日本からの輸入だ」「鉄鋼はよく知らないが、アルミ合金だけでも日本には大きく引き離されている。この10年で追いつくどころかさらに引き離された感じだ」など、日本の技術力の高さを称賛する意見も多かった。(翻訳・編集/山中)