日本の衆参両院は10日、加計学園問題について、それぞれ閉会中審査を行った。文部科学省の前川喜平前事務次官は選定プロセスについて不公平、不透明だったと証言し、首相官邸からの干渉があったとの認識を示した。写真は国会。

写真拡大

日本の衆参両院は10日、加計学園問題について、それぞれ閉会中審査を行った。文部科学省の前川喜平前事務次官は選定プロセスについて不公平、不透明だったと証言し、首相官邸からの干渉があったとの認識を示した。新華社が伝えた。

前川氏は午前の衆院の審査で、首相官邸からの干渉があったと指摘。和泉洋人首相補佐官が前川氏を首相官邸に呼んで面会した際に首相の「代弁」として、「獣医学部新設承認の手続きを早急に進めるよう」文部科学省に求めたとした。

政府側は干渉はなかったと強く主張。「国家戦略特区」を担当する山本幸三地方創生大臣は午後の参院の審査で、手続きに「瑕疵はない」とした。

安倍晋三首相は外遊中で審査に出席しなかった。これについて民進党の蓮舫代表は参院の審査で、国民に説明する誠意を欠くと批判。臨時国会と国会特別委員会を招集して審査を継続し、安倍首相も出席するよう求めた。(提供/人民網日本語版・編集NA)