ITアドバイザリー事業などを手掛けるGogashaは7月10日より、MVNOの通信速度状況をリアルタイムで表示し、ブランドごとに比較できるWebツール「SIMW(シムゥ)」を公開しました。

現在対応している格安SIMは6ブランド

Gogashaは、3大キャリアから格安SIMへ乗り換えようとしているユーザーが抱く「格安SIMの通信速度への不安」を解消するために、SIMWを開発しました。
 
SIMWは、主要格安SIMの通信速度を自動計測し、リアルタイムで一般公開する無料Webサービスです。
 

 
現在対応しているブランドは、格安SIMシェア上位6社の「OCN モバイルONE」「IIJmio」「mineo」「楽天モバイル」「BIGLOBE SIM」「FREETEL」で、ブランド毎の実際の通信速度を、上り(アップロード)/下り(ダウンロード)や期間を選択して比較できます。
 

 
通信速度の計測に関しては、東京都新宿区の一地点で、各ブランドのSIMカードが入ったiPhone6sを使い、Safariブラウザ上で10〜15分間隔でスピードテストを行っているとのことです。

今後はアプリ化し全国の通信速度を測定

SIMWは、今のところ「都内の1箇所」で「6ブランドのみ計測」という限られた計測数となっていますが、今後はアプリ化し一般公開することで全てのブランドの日本全国の通信状況を可視化していく予定です。
 
リアルタイム計測の様子は、GogashaのHPより確認できますので、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。
 
 
Source:Gogasha
(kotobaya)