BIGBANGのG-DRAGONの善行が遅れて知られる…こども病院に1億ウォン寄付し話題

写真拡大

BIGBANGのG-DRAGONがソウル大学こども病院に1億ウォン(約1千万円) を寄付していることが分かった。

ソウル大学こども病院側の関係者は本日(11日)、OSENとの取材で「BIGBANGのG-DRAGONが2回に渡って1億ウォンを寄付したという報道はすべて事実だ」と明らかにした。

G-DRAGONは2011年と2012年それぞれ5千万ウォンずつ計1億ウォンを寄付したという。G-DRAGONは病院に寄付したことが知られることを望んでいなかったようだ。関係者も「寄付者が知られることを望まない場合、別途寄付について知らせないほうだ」と明らかにした。

G-DRAGONの寄付は今回が初めてではない。G-DRAGONは昨年自身の誕生日を迎えて、国連難民機関に8180万ウォン(約800万円) を寄付し、ルー・ゲーリック病(筋萎縮性側索硬化症) 介護病院建設基金として8180万ウォンを寄付し、普段から寄付活動を続けてきた。