レスター3年目の岡崎に試練 20歳逸材FW加入濃厚で「序列が下がる」と英紙予想

写真拡大

マンCからナイジェリア代表FWイヘアナチョ獲得が合意に達したと報道

 日本代表FW岡崎慎司の所属するレスター・シティは、マンチェスター・シティからナイジェリア代表FWケレチ・イヘアナチョ獲得で合意に達したと報じられている。

 20歳の新鋭の加入は、レスターのポジション争いに大きな影響を及ぼすことになりそうだ。英紙「レスター・マーキュリー」は、岡崎らの序列が下がると予想している。

 レスターは昨夏、クラブ史上最高額の3000万ポンド(約42億円)を投じたアルジェリア代表FWイスラム・スリマニと、ナイジェリア代表FWアーメド・ムサを補強して前線を強化。不動のエースであるイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディを筆頭に、岡崎、FWレオナルド・ウジョアら個性豊かなタレントを抱えていた。

 しかし、13得点を挙げたヴァーディを除けばインパクトは薄く、攻撃力不足が浮き彫りとなった。今オフの攻撃陣再編はやむを得ない状況だが、ムサはフェネルバフチェへの移籍が噂されており、イヘアナチョの加入が決まれば一気にレギュラーポジションを確保する見方もあるほどだ。

 記事では、「ジェイミー・ヴァーディは疑いようなく(レスター・)シティのメインストライカーで、クレイグ・シェイクスピア監督はイヘアナチョがその理想的なパートナーになるだろうと信じている」と触れている。

地元紙は新戦力が岡崎らを追い抜くと予想

 それと同時に、記事では「スリマニ、シンジ・オカザキ、レオナルド・ウジョアは序列が下がるだろう」と新戦力が岡崎ら現有戦力を追い抜くと予想。さらに「ケレチ・イヘアナチョがキングパワー・スタジアム(レスターの本拠地)でのスリマニの時間を終わらせるかもしれない」と、期待外れに終わったスリマニ放出の動きが加速する可能性も指摘している。2013年のU-17ワールドカップ優勝、そして大会MVP受賞の経歴を持つ逸材イヘアナチョに対する期待は非常に高い。

 岡崎にとって、新シーズンはプレミアリーグ挑戦3年目となる。優勝を成し遂げた2015-16シーズンは36試合で5得点、昨季は30試合で3得点と少しずつ出番を減らしている。新たなライバル獲得が濃厚となり、再び熾烈なポジション争いが待っていることは間違いなさそうだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images