11日、英紙フィナンシャル・タイムズは、中国版ツイッターの「新浪微博」の人気記事でロシアのプーチン大統領についてコメントすることが、中国当局により禁止されたと伝えている。

写真拡大

2017年7月11日、英紙フィナンシャル・タイムズ(中国語電子版)は、中国版ツイッターの「新浪微博(シナウェイボー、Sina Weibo)」の人気記事でロシアのプーチン大統領についてコメントすることが、中国当局により禁止されたと伝えている。

記事によると、この検閲は先週末に実施されたもので、1000人以上のフォロワーがいるアカウントがプーチン氏について言及すると「この投稿はコメントが許されません」というメッセージが表示されるという。

記事は「中国共産党のエリートのために通常確保されている国民の批判から免れるための待遇を、ロシアの大統領に与えたもので、中ロ関係が現在、黄金時代にあることを強調している」と伝えている。(翻訳・編集/柳川)