ワイワイできる友達は一緒にいて楽しい。でも振り返ると、困っていたり悩んでいた時にそっと手を差し伸べてくれたのは、普段は決して盛り上げ役にはまわらないタイプの子だった。アドバイスが的確で安心感を感じられたのも、きっとさり気なく見守ってくれていたからだろう。

内向的な人は、距離を縮めるのに時間がかかるけれど、「親友」として関係を築くには1番適している。そう語るのは、ライターのTessa Harveyさん。自身も内向的だという彼女、理由を「Elite Daily」にまとめています。

01.
鋭い洞察力で
助けてくれる

内向的な人は常に周囲の様子を観察しているから、あなたが状況を把握したり、誰かが遠回しに何か言ったことを理解しなければいけない時に、助けになってくれるわ。側で第三者としての見解を教えてくれるはずよ。

02.
聞き上手で
一緒に悩んでくれる

話すよりも聞くことを好むため、先に言葉を発するよりもまず言われたことを理解することに価値を見出すわ。だからあなたに耳を傾けて、一緒に考えてくれるはず。その日あったこと、仕事でのストレス、恋愛のこと、なんでもよ。

03.
信頼関係を大切にする

彼らは他の人から信用してもらうことがどれほど重要か理解しているの。盛り上げ役ではないかもしれないけれど、悩みを抱えた友達が助けを求めにきた時には、喜んでくれるはずよ。だから頼りになるの。あなたを裏切るようなことは考えもしないもの。

04.
1人になりたい時
そっとしておいてくれる

内向的な人の多くは、あなたがあまり喋りたくないと思っている日でも、ちゃんと理解してくれるはずだわ。彼らは1人の時間を大切にする人たちだから、家に閉じこもっていたい気持ちもわかってくれるの。

05.
他の人と仲良くしても
不快にならない

1人でいることに慣れている彼らは、単独行動をすることの大切さを知っている。だからあなたが他の人と仲良くしていても気分を害したりしないわ。ずっと一緒にいるだけじゃなく、それ以外の時間も楽しむ必要があることを知っているから。

06.
思いやりがあって誠実

話を聞いたり観察する傾向があるから、とても誠実な人たちよ。もし彼らが心を開いて何かを打ち明けたがってきたら、それはあなたを信頼していて大切な存在だと認めているということ。長期的な関係を築けると考えているからこそよ。頻繁に会えようが会えなかろうが、友情関係に価値を見出していつもあなたのことを考えてくれるわよ。

07.
親しい相手との時間を
大事にする

周りからは1人でいたがっているとみられているけど、そんなことはない。私がそうだけれど、中には親しい相手であればその人と一緒にいたがる人もいる。友情関係を大切にするからこそよ。だから新作の映画を観に行きたい時や、お菓子作りをしたい時は声をかけてみて。

Licensed material used with permission by Elite Daily