世界標準=The World Standardとグループ名からも、海外の活動を意欲的に行う意思表示をしている「わーすた」が7月6日から9日まで4日間に渡り開催された。

JAPAN EXPO in Paris で合計3ステージのパフォーマンスを行い、サウンドプロデューサーの鈴木まなかもオンステージしての海外スタイルでのそれぞれのステージではわーすたのオリジナル曲はもちろん、ジャパンカルチャーであるアニソンもフランスで人気の作品を研究し準備してきた。海外でも圧倒的人気の『いぬねこ。青春真っ盛り』、『うるとらみらくるくるふぁいなるアルティメットチョコびーむ』や、ワンパンマンの主題歌など10〜12曲のボリュームたっぷりなパフォーマンスを披露した。

わーすたとして初めてのフランスでのライブにも関わらず、3ステージでの合計動員数は1万人を越えた。日本でのステージで日常的に行われていた「ライブのスマートフォン撮影を許可し、ファンによるSNS拡散」を推奨してきたことで、Youtubeなどを通じて曲と、グループの認知が世界にひろがっていっていた。そんな「SNS発信」の力を感じる動員となった。

ライブステージ以外でも「Nintendo Switchブース」でのゲームプレイステージやJAPAN EXPO来場者との、フリーフォトコール、サイン会の実施、配布物をメンバーが直接的に手渡ししたりと、ライブ以外の時間でも自身でアピールを欠かさなかった。

今回のフランスで初めてお披露目となった『パンカワイイ』衣装は、見た目的に驚かされる本物の「フランスパン」を頭に乗せるという斬新でまさにKAWAIIを体現したものだった。わーすた衣装プロデューサーのファッションモデルで声優の木村優が、これまで自身が世界を飛び回り活動してきた流行の感性をデザイン考案に反映した。衣装お披露目の驚きはまさに、SNSで直ぐに拡散され日本にも届き、フランスファンだけでなく、日本で見届けたファンも驚かせた。