これが怪談札

写真拡大

シャノアールが運営するカフェ・ベローチェは、猛暑の中頑張る生活者に対して、店舗を真夏日のクールスポットとして活用してもらうことを目的とした「冷感研究室」を開室した。

稲川淳二の「怪談」も

過冷却現象を利用した「氷点下アイスコーヒー」などの商品化も検討中だが、まずは実証実験中に「氷点下アイスコーヒー」と同程度の冷感効果が認められ、体表温度を平均0.3度下げることができた「怖い話」を、2017年7月17日〜8月31日の期間、提供する。

「怖い話」を希望するお客には、無料で怪談話が視聴できる「怪談札」を店内で配布する。「怪談札」は複数の異なる怪談話を1話ずつ収めた札で、カリスマ怪談師である、稲川淳二氏、山口綾子氏の怪談も含まれている。

全7種を週替わりで楽しめる。

カードにあるQRコードを読み込み、イヤホンやヘッドホンで聞けば、真夏であることも忘れひんやり、背筋がすーーーーっと寒くなるだろう。

全国173店舗で配布予定。

また、気温が30度を越える真夏日には、アイスコーヒー、アイスティーのサイズアップ(Mサイズ→Lサイズ)も無料で行う。