2ndシングル「ノイズ」がiTunesのロック・アルバムランキングで1位を獲得

 4人組ロックバンド・ミオヤマザキの新曲「ノイズ」が、11日のiTunesロック・アルバムランキングで1位を獲得した。さらに、総合ランキングでも3位にランクイン。ミオヤマザキにとって配信ランキングでの1位獲得はバンド史上初となった。

 「ノイズ」はミオヤマザキにとっての2ndシングル曲で、12日にリリースされる。7月からTOKYOMXで放送しているTVアニメ「地獄少女 宵伽」オープニング・テーマとして制作された。

 「人はみんな誰かと繋がっていたい。でも、同時に誰かを愛する事、信じる事は、いつか裏切られる不安もつきまとう」といった矛盾している気持ちを歌った楽曲になっており、その歌詞が共感を呼び、先行公開された歌詞サイトのデイリーランキングと、注目度ランキングで共に1位を獲得。加えて、11日のiTunesロック・アルバムランキングでも1位を獲得した。

 さらに、カップリング収録曲も含めると注目度ランキングの1位〜4位までをミオヤマザキの楽曲が独占するなど大きな話題となった。

 また、11日より同曲のミュージックビデオもYouTubeで公開。

 なお、ミオヤマザキは13日にタワーレコード渋谷店B1Fの「CUTUP STUDIO」でリリース記念イベントを開催する。

「ノイズ」/ミオヤマザキ ミュージックビデオ