提供:リアルライブ

写真拡大

 12年に上智大学国際教養学部に入学していた、元「男闘呼組」のメンバー・岡本健一の息子でHey! Say! JUMPのメンバー・岡本圭人が2留し、現在も大学生活を送っていることを、発売中の「週刊女性」(主婦と生活社)が報じている。

 同誌が在学生に聞いたところによると、岡本はぜんぜん授業に来ないことで有名。授業に出たとしても、途中で抜け出したり、最後まで受けずに帰ったりすることもよくあったとか。授業中はずっと帽子をかぶり、いつも一番後ろの席に座り携帯やノートパソコンをいじりまったく授業を聞いていない印象なのだという。

 同学部は全教科、英語で講義が行われるため、高い英語力が必要。岡本は父のすすめで小学4年生にして英国に留学。5年間を英国で過ごし、その後、インターナショナルスクールに入学。英語力はそれなりのはずなのだが…。

 「在学生たちは将来の仕事や活動に生かそうと、真剣に授業を受けている。おそらく、岡本のようなやる気のない学生は少数派なのでは。いくら英語力だけあって講義を理解できても、仕事と両立して卒業するのは至難の業だと思われる」(大手予備校の英語担当講師)

 同誌によると、今月初めの午前中、岡本は同キャンパス内で目撃されたというが、2留しているせいか、授業は1人で受け、帰る時はバツが悪そうだったとか。

 ジャニーズといえば、慶応大卒の嵐・桜井翔を筆頭に大卒の所属タレントが急増。山下智久は明治大を、Sexy Zoneの中島健人らはそれぞれ1留を経て卒業したが、2留は史上初のようだ。

 「どのぐらい単位を取得したかは知らないが、さすがに、3留となればもはや卒業するのは難しいと思われる」(同)

 そろそろアイドル活動に専念した方がよさそうだが…。