7月10日都内にて、TBS金曜ドラマ『ハロー張りネズミ』特別試写会&舞台挨拶が行われ、本作で主演を務める瑛太さん、深田恭子さん、森田剛さん、山口智子さん、韓哲プロデューサー、大根仁監督が登壇しました。



出典:Nosh

『ハロー張りネズミ』は、“島耕作シリーズ”でお馴染みの弘兼憲史さんの大人気同名マンガが原作。誰も引き受けたがらない面倒な案件ほどやりたがる、という一風変わった探偵“ハリネズミ”こと七瀬五郎とその仲間たちが、ときには人情味あふれた哀しい事件を、またあるときには想像を超えた難事件に挑んでいく、まったく新しい変幻自在な探偵ドラマです。

本作でメガホンを取るのは、映画『モテキ』や『バクマン。』、ドラマ『まほろ駅前番外地』などを手がけた大根仁監督。深田さんは、「監督から台本は役者へのラブレターだと思って受け取ってくださいと言われた」と明かし、「監督自身がキュンを感じながら撮っているので、作品の女性像が魅力的なのかなと思っています。画角も監督がずっと探しながら撮ってくれるので、そういった部分にも愛を感じます」と笑顔で語りました。



出典:Nosh

冒頭では「馬鹿でスケベな探偵役五郎を演じました瑛太です。今までに無いような探偵ドラマが出来上がったと思います。たくさんの方に見ていただきたいです」とドラマをPRした瑛太さん。

トークセッション後に挨拶を求められると、「第1話をご覧になってくださった方はこのドラマの素晴らしさを味わってくださったと思うのですが、ブラウン管を通してどう伝えていいのかわからないので、僕は演じていてこれしかないと思います。人の為にする土下座はありなんじゃないかな」と切り出し、渾身の土下座を披露! 「日本中の皆様、ぜひ“ハロー張りネズミ”を見てください!」と懇願しました。



出典:Nosh

これは台本にはない、瑛太さんの完全サプライズだったようで、共演者の森田さん、深田さん、山口さんも驚きの表情を浮かべ、会場からは大きな拍手が沸き起こりました。

TBS金曜ドラマ『ハロー張りネズミ』は7月14日(金)よる10時〜初回15分拡大でスタートです。

【関連記事】

※ 天才(!?)俳優・坂口健太郎が「愛してる」意外なものとは…

※ 最高の夏を楽しむために。大人女子が今から始めておきたい3つのコト(PR)

※ 長瀬智也、流行のワイドパンツに「土管みたい」と容赦なし

※ 高杉真宙に聞く、理想のデートプラン

※ 泉里香、インスタの写真はこう撮る!

※ ディーン・フジオカ、結婚は「いいもの」と魅力熱弁