原口のヘルタ、クリンスマン息子の獲得を発表

写真拡大

ドイツ1部のヘルタBSCは11日、U-20アメリカ代表GKジョナサン・クリンスマンの獲得を発表した。

ジョナサン・クリンスマンは1997年生まれの現在20歳。ご存知、前アメリカ代表の指揮官ユルゲン・クリンスマン氏の息子だ。

父親は元ドイツ代表の“伝説的”なFWだったが、彼は幼少期を過ごしたアメリカの代表チームを選択し、今年3月のCONCACAF U-20選手権で最優秀GKに選出されると、5〜6月に行われたU-20ワールドカップにも出場した。

大学サッカーでプレーしてきたためプロ経験はないが、以前よりブンデスリーガ行きを希望しており、先週からヘルタの練習に参加していた。