画像提供:マイナビニュース

写真拡大

JR九州は11日、特急「ゆふいんの森」の臨時運行について発表した。7月15日から1日2往復、博多〜由布院間を小倉駅・大分駅経由で結ぶ。このルートで7月31日まで運行され、「8月以降については準備が出来次第、ホームページにてお知らせします」「夏休みのご旅行などに、特急『ゆふいんの森』をぜひご利用ください」(JR九州)とのこと。

通常ダイヤの特急「ゆふいんの森」は久大本線経由で3往復運行され、「ゆふいんの森1・2・5・6号」はキハ72形5両編成で博多〜由布院間、「ゆふいんの森3・4号」はキハ70・71形4両編成で博多〜別府間を走行していた。久大本線は今月5日からの大雨の影響で、光岡〜日田間の花月川橋梁が流失し、筑後大石〜夜明間で土砂が流入するなど被害が発生。久大本線の特急列車は「ゆふいんの森」「ゆふ」ともに終日運休となっていた。

7月15〜31日の期間に臨時運行される特急「ゆふいんの森」は計4本(下り2本・上り2本)。博多駅8時45分発・由布院駅13時35分着「ゆふいんの森91号」、由布院駅14時45分発・博多駅20時34分着「ゆふいんの森92号」は4両編成。博多駅11時0分発(土休日は11時8分発)・由布院駅15時45分着「ゆふいんの森93号」、由布院駅17時6分発・博多駅21時35分着「ゆふいんの森94号」は5両編成での運行となる。各列車とも停車駅は博多駅・小倉駅・別府駅・大分駅・由布院駅とされている。

特急「ゆふいんの森」の臨時運行では車内販売・車内サービスも実施するとのこと。全車指定席で運行され、7月13日10時から全国の駅(みどりの窓口)で販売開始される。

同列車に乗車しての旅行に便利な割引きっぷも発売。日豊本線経由で福岡市内から由布院駅まで利用できる「2枚きっぷ」は大人8,020円・こども4,010円(ピーク期の7月21〜31日に指定席を利用する場合、指定する列車ごとに追加料金が必要)。北九州市内から由布院駅まで利用できる「ゆふいんのんびりきっぷ」は大人7,920円・こども3,960円で販売されている。