@AUTOCAR

写真拡大 (全14枚)

text:Yasuhiro Ohto (大音安弘)

 
▶ エクステリア/インテリア ▶ シャシー/パワートレイン ▶ 装備 ▶ スペック

■プロローグ

ヴェラール、イヴォークとスポーツのあいだ

レンジローバーファミリーの新メンバーが早くも日本上陸を果たした。それが「レンジローバー・ヴェラール」だ。

2017年3月2日、英国ロンドンで世界初披露された4番目のレンジローバーは、爆発的ヒットとなった末っ子のレンジローバー・イヴォークとスポーツマンである次男、レンジローバー・スポーツの中間に位置する存在。

つまり、イヴォークの先進性と艶やかなデザイン、かつて砂漠のロールスと称えられたレンジローバーの高い走破性能と優雅さを絶妙に融合させたモデルといったところなのだろうか。

ちなみに「ヴェラール(VELAR)」というネーミングは、発表前の初代レンジローバー・プロトタイプの開発者たちが、ヴェールに包まれたクルマという意味を込め、ラテン語で「覆う」を意味する「velare」から派生させ、「ヴェラール」と名付けたことに由来するという。

このネーミングが意味するのは、新ファミリーが初代レンジローバー登場時の衝撃を与えるほど斬新な存在であり、本物の高級車であることではないだろうか。

早速、その詳細に迫ってみたい。

 
▶ エクステリア/インテリア ▶ シャシー/パワートレイン ▶ 装備 ▶ スペック

 
▶ プロローグ ▶ シャシー/パワートレイン ▶ 装備 ▶ スペック

■エクステリア

ヴェラール、歴史を重んじながらアグレッシブに

一目でレンジローバーと認識させる気品に溢れるエクステリアは、色気さえ感じさせる。流麗なルーフラインはレンジローバー・スポーツを彷彿させるが、ただどちらかといえば、アグレッシブさを持ちながらも繊細さが感じられるイヴォークとの共通性が高いように思える。

レンジローバー伝統のアイコンも盛り込まれており、フェンダー部までをカバーするクラムシェルボンネットはそのひとつ。

端正な顔立ちのフロントマスクには、アイラインメイクを引いた女性の目元のような力強さのある薄型のLEDヘッドライトとモダンな箔押しのグリルが目を引く。

バンパーデザインもSUVらしいアンダーグリルを強調したものではなく、美しく流れるようなサーフェスを持ち、そのままサイドへと繋がっていく。


サイドボディラインの美しさを追求するため、格納式のドアハンドルを採用しているのも特徴的だ。

ボディサイズは、イヴォークとレンジローバー・スポーツの中間というよりは、レンジローバー・スポーツをややコンパクトにした程度。

以下で各モデルの主要寸法を比べてみよう。

モデル名全長全幅全高ホイールベース
イヴォーク  4355mm 1900mm 1635mm 2660mm 

ヴェラール 4803mm 2032mm 1665mm 2874mm 

スポーツ 4855mm 1985mm 1800mm 2920mm 

インテリア

「Kvadrat」とコラボ ヴェラールのこだわり

気品のあるインテリアもレンジローバー伝統の快適さを継承しつつ、よりモダナイズ。

特に操作系をインフォテインメントシステムに集約し、システムのモニターをデュアルタイプとしながらも、ひとつをセンターコンソールと一体化させたことで、落ち着きあるプレーンなデザインとした。それでいて多彩な機能を自在に扱えるようにしている。

また素材も従来同様に、クラフトマンシップによる高品質なものだが、上質なレザーだけでなく、新たなアプローチとして、欧州屈指のテキスタイルメーカー「Kvadrat」社とコラボーレーションにより、高品質のテキスタイル素材を用いたインテリアも用意。

ウールブレンドとスエードのクロス生地を用いた新たなプレミアムスタイルの提案も行っている。

5名乗車を基本とするキャビンは、673ℓのラゲッジスペースを確保。シートアレンジを2名乗車とすれば、ラゲッジスペースは1731ℓまで拡大可能。

また後席リクライニング機能やリヤエンターテイメントシステムなど、ショーファードリブンとしても活用できるおもてなしアイテムも充実している。

 
▶ プロローグ ▶ シャシー/パワートレイン ▶ 装備 ▶ スペック

 
▶ エクステリア/インテリア ▶ エクステリア/インテリア ▶ 装備 ▶ スペック

シャシー

軽く、たくましく

ヴェラールには、ジャガー・ランドローバーが新開発した軽量アルミニウム構造ボディを採用。

これは全体の82%にアルミニウム素材を使用しており、ジャガー初のSUV、F-PACEなどに採用されているものと同様のもの。

F-PACEの実力からもわかるように、軽量化かつ高剛性を実現したポテンシャルの高いものだ。また、最終的には全体の95%を再生できる環境に配慮した設計となっている。

レンジローバー伝統の高い走破性を実現するため、全車にインテリジェントドライブラインダイナミクス搭載AWDを搭載。路面状況に合わせて、前後50:50から、後輪100%、時には前輪100%と、最適な駆動配分をおこなう。

また路面状況に合わせた車両設定が選べる「テレインレスポンス」を標準搭載。また進化形の走行モードの自動選択機能を備えた「テレインレスポンス2オート」も用意。

なお、伝統機能の最大渡河水深は650mmまで対応という他モデル同様に本格オフローダーの一面も与えられている。

パワートレイン

ヴェラールの主軸は「インジニウム」に ただしパワーも重視

日本仕様のパワートレインは、オールアルミニウム製である新世代2.0ℓ直列4気筒ターボエンジン「インジニウム」を中心に、ガソリンとクリーンディーゼルを合わせて4タイプを設定。トランスミッションは、全車共に8速ATのみとなる。

レンジローバーとしては日本初導入となるクリーンディーゼルエンジンには、180ps/43.8kg-mを発揮する2.0ℓの直列4気筒ターボエンジンを搭載。

残り3タイプはガソリンエンジンで、250ps/37.2kg-m仕様と300ps/40.8kg-m仕様の2.0ℓ直列4気筒ターボ、そしてトップレンジには、380ps/45.9kg-mの3.0ℓのV6スーパーチャージドエンジンとなる。

なお、ガソリン仕様の「インジニウム」エンジンが日本に導入されるのはジャガーを含めて初のこと。

今後は、ブランド全体でパワートレインの電動化も進められていき、EV、PHEV、HVの2020年までに今後製造、発売するモデルにこれらを投入していくという。

 
▶ エクステリア/インテリア ▶ エクステリア/インテリア ▶ 装備 ▶ スペック

 
▶ エクステリア/インテリア ▶ エクステリア/インテリア ▶ シャシー/パワートレイン ▶ スペック

装備

ヴェラールの目玉は「Touch Pro Duo」

シリーズで最も先進的な機能が与えられているヴェラールだが、最も象徴的なアイテムが標準搭載されるコネクテッドなインフォテインメントシステム「Touch Pro Duo」だ。

これは、ふたつの10インチ高解像度タッチスクリーンにより構成されるもの。ナビやオーディオ機能などを上下のモニターの個々に表示させることで、高い視認性と優れた使いやすさを実現。

また走行路面に合わせた最適な車両設定を行う「テレインレスポンス」の操作もタッチスクリーンで行えるようになったことで、センターコンソール周りのデザインを一新させている。

実はステアリングスイッチも一新。新開発のタッチスイッチ式となっており、先進性を感じさせる演出に一役買うだけでなく、ボタン機能は、ユーザーの好みでカスタマイズすることができるという。

さらにメーターパネルも多機能な12.3インチの高解像度TFTバーチャルコクピットを選択することもできる。

今や欠かせないアイテムとなっているコネクティビティ機能もしっかりと強化。ほとんどのスマートフォンやAndroid Wear、Apple Watchに対応した 「InControlリモートスマートフォンアプリ」を設定。

アプリによるドアの施開錠、乗車前のエアコン操作、車両情報の取得などが行える。またSIMカードをインストールすることで使用できる4Gの車内Wi-Fiシステムも用意される。

今や高級車のマストアイテムである先進の運転支援機能も充実化が図られており、歩行者対応の自動緊急ブレーキや車線逸脱警告機能、車両周囲360度を映すサラウンドカメラシステムなどを全車に標準化。

さらに、オプションとなるものの全車速対応ACCや後方からの接近車両を知らせるブラインドスポットモニター、車内維持支援を行うレーンキープアシストなども一通りの機能は装着可能となっている。

 
▶ エクステリア/インテリア ▶ エクステリア/インテリア ▶ シャシー/パワートレイン ▶ スペック

 
▶ エクステリア/インテリア ▶ エクステリア/インテリア ▶ シャシー/パワートレイン ▶ 装備

各グレードと価格

2.0ℓ直列4気筒「インジニウム」ターボディーゼル(180ps/43.8kg-m)

ヴェラール:6,990,000円
ヴェラールS:8,000,000円
ヴェラールSE:8,720,000円
ヴェラールHSE:10,050,000円
ヴェラールR-ダイナミック:7,470,000円
ヴェラールR-ダイナミックS:8,480,000円
ヴェラール・ダイナミックSE:9,200,000円
ヴェラール・ダイナミックHSE:10,530,000円

2.0ℓ直列4気筒「インジニウム」ターボガソリン(250ps/37.2kg-m)

ヴェラール:7,150,000円
ヴェラールS:8,160,000円
ヴェラールSE:8,880,000円
ヴェラールHSE:10,210,000円
ヴェラールR-ダイナミック:7,630,000円
ヴェラールR-ダイナミックS:8,640,000円
ヴェラール・ダイナミックSE:9,360,000円
ヴェラール・ダイナミックHSE:10,690,000円

2.0ℓ直列4気筒「インジニウム」ターボガソリン(300ps/40.8kg-m)

ヴェラール:7,780,000円
ヴェラールS:8,790,000円
ヴェラールSE:9,510,000円
ヴェラールHSE:10,840,000円
ヴェラールR-ダイナミック:8,260,000円
ヴェラールR-ダイナミックS:9,270,000円
ヴェラールR-ダイナミックSE:9,990,000円
ヴェラールR-ダイナミックHSE:11,320,000円

3.0ℓV型6気筒「インジニウム」ターボガソリン(380ps/45.9kg-m)

ヴェラール:9,080,000円
ヴェラールS:10,090,000円
ヴェラールSE:10,810,000円
ヴェラールHSE:12,140,000円
ヴェラールR-ダイナミック:9,560,000円
ヴェラールR-ダイナミックS:10,570,000円
ヴェラール・ダイナミックSE:11,290,000円
ヴェラール・ダイナミックHSE:12,620,000円
ヴェラール・ファースト・エディション:15,260,000円

代表モデルスペック

車名ランドローバー
通称名レンジローバー・ヴェラール/レンジローバー・ヴェラールR-ダイナミック
エンジン 2.0ℓ 180PS ターボチャージドディーゼル 3.0ℓ 380PS スーパーチャージドガソリン 

ステアリング 右 

全長 4803mm 

全幅 2032mm(ミラー格納時)/2145mm(ミラー展開時) 

全高 1665mm 

ホイールベース 2874mm 

トレッド 1642mm(前)/1657mm(後) 

車両重量 1829kg 1884kg 

エンジン 直列4気筒1999ccターボディーゼル V型6気筒スーパーチャージドガソリン 

最高出力 180ps/4000rpm 380ps/6500rpm 

最大トルク 43.8kg-m/1500rpm 45.9kg-m/3500rpm 

燃料タンク容量 60ℓ 63ℓ 

最小回転半径 5.8m 

 
▶ エクステリア/インテリア ▶ エクステリア/インテリア ▶ シャシー/パワートレイン ▶ 装備