金栄春長官=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国海洋水産部の金栄春(キム・ヨンチュン)長官は11日、同部のソウル事務所で長嶺安政・駐韓日本大使と面会し、海洋水産分野の協力の方向性や友好関係拡大などについて意見を交わした。

 与党「共に民主党」の国会議員である金長官は6月中旬に就任した。
 金長官は、先のドイツ・ハンブルクでの韓日首脳会談に触れながら「文在寅(ムン・ジェイン)大統領は未来志向の韓日関係構築に向け努力している」と述べた上で、「海洋水産分野でも友好関係がさらに深まり、発展的な方向に進むことを希望する」と呼びかけた。
hjc@yna.co.kr