クーマンと一緒に入団発表を行ったルーニー

写真拡大

ルーニーが帰ってきた。
少なくとも昨シーズン、マンチェスター・ユナイテッドのベンチで失われていた野心的で大胆な発言に関しては。
「僕は引退するために来た訳ではない。勝つためにここにいる。」
古巣であるエバートンの新加入選手として行った入団発表で彼はそう宣言した。

【関連記事:ルーニー復帰 夜の秘密を暴露】

「僕はプレーする必要がある。。。昨年はフラストレーションが溜まったからね。」
31歳のストライカーはモウリーニョの名前を口に出す事はなかったが、オールド・トラッフォードで控えに回る事を快く受け入れていた訳ではなかった事を明らかにした。

中国サッカー界からのオファーに断りを入れて、古巣に復帰したルーニーの意図は本来のプレーを取り戻す事、そして代表への復帰である。

「僕はエバートン(でのプレーに)に集中している。良いプレーをすれば、ガレス・サウスゲートが僕を無視できない事は分かっている。エバートンでの僕のパフォーマンスが良い場合、彼は決断を下す必要があるだろう。」
ルーニーは昨シーズン中、彼を招集しなかった代表監督に訴えるかのようにそのように話した。