自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。

7月19日に待望のニューアルバム『Memories to Go』をリリースするthe band apartのドラマー・木暮栄一さんのCDラック、そして前回に続く2枚目のリコメンド盤がこちら。

【Disc.2】SOUL SCREAM
THE DEEP

 
木暮:その昔、川崎のクラブ・チッタのイベントで見て好きになったSOUL SCREAM。
 
90年代を代表するヒップホップ・グループのひとつで、DJ 5lackやPUNPEEあたりの音が好きな人は好きかもしれないね。
 
あの頃って、ルーザー(負け犬)の文化を許容する経済的余裕みたいなものがまだ残ってたけど、大卒者の就職希望第1位が「公務員」な今、良くも悪くもみんなとりあえず安心していたいのかな。
 
しかしいつの時代だって若者のモラトリアムはあるはずで、20年前に一度日本語ラップ・ブームが来た時に「ハードコア界隈にいるけど音はメロー」な魅力で、立ち位置の難しかった文系B-BOYたちの心をがっちり掴んだ一枚。今でもDJの時にかけたりする、いろんな意味でバランスの良い名盤です。
 
話は違うけど、フリースタイル・ブームを始めとした昨今のヒップホップの盛り上がりが、個人的にとてもうれしい。
 
the band apart
1998年に結成、2001年にシングル「FOOL PROOF」でデビュー。来る7月19日には通算8枚目となるフルアルバム『Memories to Go』を発売。9月2日からはリリースを記念したワンマンツアーも開催されます。
収録曲:1. intro (a broken navigator) / 2. ZION TOWN / 3. Find a Way / 4. Castaway / 5. KIDS / 6. 雨上がりのミラージュ / 7. She is my lazy friend / 8. BOOSTER / 9. Super High / 10. お祭りの日 (LIC2.1) / 11. 38月62日