『one-man live tour 2017 ”angstrom 0.8 pm“』のファイナル公演を開催したandrop

 4人組ロックバンドのandropが7日、福岡DRUM LOGOSで『one-man live tour 2017 ”angstrom 0.8 pm“』を開催した。全国21カ所21公演を回るライブツアーでこの日にファイナルを迎えた。数年ぶりに披露した「HoshiDenwa」を披露するとともに、新曲「Sunrise Sunset」などを熱唱した。

 趣向を凝らしたセットリストで、「一期一会」「リアル」をより大切にしてきたという本ツアー。最終日は「Dreamer」で幕を開け、「Ryusei」では歌詞の一節を <DRUM LOGOSで歌う金曜日>に変えるという、ライブで育ててきた曲ならではのアレンジ。これには、満員のオーディエンスから大きな歓声が上がった。

 七夕にちなみ、数年ぶりに披露した「HoshiDenwa」では「福岡は今日は曇りだけど、音楽で届けられたら」と言い、会場を幻想的な雰囲気に包み込んだ。

 ツアー初日に千葉LOOKで残した「タフになって帰ってきます」の言葉通り、繊細さに加えて力強さを増し、内澤崇仁(Vo、Gt)の声、伊藤彬彦(Dr)の1発1発に粘りの効いたドラミング、バンドのグルーブを下支えながらも時折主張する前田恭介(Ba)、繊細な指弾きから力強いソロまで、多彩な表現力を増した佐藤拓也(Gt、Key)。今だからこそ歌える曲という「Prism」で本編を締めくくった。

ライブのもよう

 アンコールでは新曲「Sunrise Sunset」を披露。これもまた、新たなandropが垣間見える横ノリの曲でゆったりとクールダウン。ツアーラストは力強く「Hana」で締めた。だが、オーディエンスの熱は全く下がる気配は無い。そうした観客の声に応え急遽おこなったダブルアンコールでは、ステージ上で本当の締めくくりとなる曲をその場でメンバーが集まって決める「リアル」を見せて「Star」で全ての幕を締めた。

 「まだ発表できないワクワクすることが沢山あります」と今後の活動にさらなる含みを持たせながら、Creepy Nutsとのコラボサマーチューンを携え、結成10周年に向けてandropは次なるフェイズへと向かっていく。コラボレーションの影響か、「ヤバい野外」になると言っていた、バンド史上初となる野外ワンマンライブ『one-man live 2017 at 日比谷野外大音楽堂』ではどんなステージを魅せてくれるのか。